ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)

  • 605人登録
  • 3.65評価
    • (41)
    • (65)
    • (76)
    • (13)
    • (3)
  • 62レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (2010年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592170051

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 最近はがっかりな感じだったけど
    久々に(自分的に)きたー!

    やっぱり演技の練習のシーンがいちばんすき
    新宿での稽古!亜弓さんと母の稽古(あれ?奇跡の人?)!
    亜弓さん好きだなー頑張って!

    ツッコミどころは満載だけどやめられない。
    とは言うもののやっぱり前の絵のが好きだなー

  • ようやく本来の紅天女に戻ってきた。
    でもこれ数巻分が1ヶ月とかの出来事なんだよね?
    美内先生は試演まで書く気があるんだろうか?といつも思ってしまう。

    速水さんとマヤの今後も気になるが、紫織さんの暴走一段落って事で、本筋の演劇の方重視に戻っていってください。

  • マヤたちの街なかを使っての稽古と、亜弓のケンカみたいな稽古はそれぞれエキセントリック過ぎて笑っちゃったなぁ・・・(笑)どっちも下手すると警察沙汰(笑)これまでの作品の流れが詰まってる巻だったかも。

  • 以前読んでたときは気にしてなかったけど、都庁にほんとにこのオブジェあるのかな。マヤ達が稽古してたって情報だけで、その地を訪れるとか、真澄さまほんとファンの鏡。

  • パフェが食べたくなりました!
    気になるのは、人を見抜く目がありそうな月影センセが、速水氏にだけは鈍いのはなぜなんだ!?
    (ついでですが、演出・黒沼、紅天女・姫川亜弓が希望です)

  • この巻ラストでちょっとゾッとした……

  • 何か軸がブレブレ。
    このマンガ家、惰性で書いているのか、それとも分からなくなっているのか?

  • 紅天女の表現方法として命の根源や宇宙について考える箇所が出てくる。「宇宙」というフレーズがまた心の真ん中に向かってきました。マヤも亜弓さんも怒りや焦燥から抜け出し演じる(生きる)歓びへ向かいますように。

  • 紅天女の稽古が、また振り出しに戻ってる気がする。芝居の稽古に終わりはないから、どれだけ掘り下げてもいいんだけど、そろそろ前の稽古を学習してもいいんじゃないかって思えてきたよ。
    そして、真澄さんとマヤちゃんのすれ違いはもう絶対わざととしか思えない(笑)。あえて気づかないようにしてるよね。
    亜弓さんとママの壮絶なお稽古は、「ヘレン・ケラー」のときのマヤの稽古風景を思い出した。でもそれを実母がやってると思うと鬼気迫るものがある。怖くて泣いちゃったよ。亜弓さんの目は「紅天女」までもつんだろうか。10月29日が待たれる。

  • いくら何でも亜弓さんが可哀想だ。号泣した。

  • もうガラかめの新刊を新刊で買うのはやめにした。一番面白かったあたりを後追いで古本屋で買ってたのに、クオリティ下がってる最近の巻を新刊で買って印税稼がせるのは癪だから。新刊出して売れるのは、ここまで来たんだからとにかく最後を見届けたいという人たちが確認のために買ってるだけだと思うんだけど(私もそのうちの1人でした)、面白いと思われている・望まれている、と作者が勘違いして、ますます引っ張りそうだし。
    45巻は、近年のw新刊の中では比較的話が進んで(いや進んでないか)まあ面白かった。でも、姫川母子、正気に戻ってくれ。ここまでさんざん引っ張ったんだから、事情を話せば試演は延期してもらえるって(月影先生も今はそんなにすぐ死にそうにないし。急ぐ理由があるとしたらそれくらいじゃね?)。
    頭打ってこうなったんだから、目だけじゃなくて命にかかわるかもしれないんだよ!(それにしても今さら失明ネタ復活させるくらいだったら、20年前(?)の連載を捨てないでほしかったよ、ブツブツ…)

  • 発売されていたのを知らず、あわてて買って読んだ。亜弓さんの根性はすばらしい。

  • 友人に借りた。東京都庁ばっかりと聞いていたが、読んでみたらホントに都庁ばっかりだったー。

  • 姫川親子の特訓がすごすぎます。

  • 2010.11
    マヤたちが、ファミレスや都庁、街中で紅天女をやるシーンが面白い。セリフが凄く多い巻…。

  • 都庁・・・!!

    紅天女の稽古を通して姫川母娘の絆が深まっていく♪

  • 発売日に買ったら、その日、その瞬間にねぇさんが(忙しいのに)読んでました。
    普段、マンガなんて、外に持っていかない人なのに、バックにいれて持っていってました。

    そして、同じ日、道を立ち読みしながら歩く人を2人見つける。
    恐るべし、「ガラスの仮面」。

    でも、それだけのおもしろさはありますよねぇ。

    人間関係のすべてを知り尽くしたような、月影先生が、実は、案外まわりのことに気がついていないこととか、亜弓さんのお母さんが、あれだけ無茶しているのは、実は、娘を止めようと思っているんだろうなぁとか、大人になってみえてくるおもしろいポイントも多いです。

  • 紫織さんのあまりに古典的な意地悪に笑う。ニセの紫のバラの人のふりをしたけれど、あれはマヤが紫のバラの人の正体を知っていてはじめて、マヤと真澄さまを引き離すことになるのだから、あの行動はおかしいと思う(マヤが正体を知っていることを紫織さんが知っているのがおかしくないですか)
    少し前に「できるだけ年代に関わらず、流行り物などを描かずに来たが、電話だけはダメだった」という主旨のインタビューに答えていたけれど、今回「携帯電話を置いて来て」連絡が取れないような展開になっていたのが、携帯電話以前の恋愛事情だなと思った。

  • 亜弓さんが…。ちょっとイキすぎちゃって、きつくなってきた…。都庁のくだりといい、昔と現在が混ざり過ぎちゃって、強引な感が否めなくなってきたなぁ…。

  • 亜弓さんっ!!
    今回はマヤがぬるっちく見えた。
    亜弓さん母娘のやりとりは「奇跡の人」の稽古を彷彿させる。
    どうなるのやら・・・。

  • 小学生の時から読んでいる。今だに続行中どうなるの???

  • 亜弓さん、がんばって……!

  • 話が進まない。
    次巻に期待。

  • …あゆみさん!!


    もうこのシリーズはずっと追いかけますです。
    舞台の稽古は色々なところでやるといい、勉強になります。

  • 亜弓さんが!
    そして、久々に登場した歌子さんが、相変わらずの歌子さんで、なんか良かった。
    家でも女優。
    あと、ばあやさんが気の毒。あれ、片付けるのたいへんだろうに…。
    そしてこれの販促として作られたというマツコ月影が秀逸だった。

全62件中 1 - 25件を表示

ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 45 ふたりの阿古夜 4 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする