ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

  • 725人登録
  • 3.73評価
    • (53)
    • (93)
    • (90)
    • (12)
    • (2)
  • 124レビュー
著者 : 美内すずえ
  • 白泉社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592170099

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛するマヤのために心にもない冷たい言葉を告げる速水社長、衝撃を受けながらも「きっとわけがあるはず」と彼を信じようとするマヤ。敵役のお嬢様は心を病んで…。

    もう有無を言わさぬ少女マンガの王道だ、文句あっか!

    今回一番おーっ!と思ったのは、月影先生の微笑みだった。恋の苦しみを打ち明けるマヤに対して先生は言う「あなたもそんなことを言うようになったのね」。この時の笑顔がなんとも言えず優しげで、長年のファンとしてはぐっと来ます。やっぱり月影先生あってこその「ガラスの仮面」だなあ。

    そしてまた、私のお気に入りである聖さんがどーんと登場するシーンがあって、これは嬉しかった!水城さんと並んで名脇役だと思うのよ。源造さんも好き。

    カルタをさっそく注文。大好きな清水ミチコさんが読み手だなんて、もう私のために作ってくれたようじゃないですか。楽しみだなあ。

  • 紫織様御葬式事件、紫織様オフィーリア事件、聖殺人未遂事件と見所たくさん過ぎて…。

    分かっていたけど、シアターXでの試演は「こんな廃墟で一体どうするんだゴクリ」みたいな流れになってるけど、真夏の夜の夢と狼少女ジェーンで似たような事してるから驚きが少ないんよなぁ…。
    遂に紅天女の全貌が分かる!てワクワクはすげーあるんだけどさ。


    それにしても「あたし、魂の片割れ(速水さん)の気持ちが分からない!ヒックヒック」→「信じなさい、マヤ!」てやりとり多過ぎ無いか?
    気のせい?

  • 恋も紅天女も一進一退。

    でも、ずーっと熱さを秘めたままの一進一退。
    このエネルギーはすごいと思う。

    もう、何が起ころうとも信じて最後まで付いていこう。

  • 桜小路くんってほんといいやつ!

  • 待ちに待った49巻・・・なのにまたもやほとんど進展なしで3歩進んで4歩下がる状態。マヤは演技、真澄は仕事、それ以外のことには全く役立たずで人の心を結局は踏みにじっている。相手方の実力を今だに理解せずに見くびった言動をとる小野寺と赤目に本当に才能はあるのか?こんなのと組まされる亜弓さんがとてつもなく不憫。月影先生の言葉と聖さんのファインプレイはよかったけど。誰もがボロボロになりながら目指す「紅天女」の存在価値を疑いたくなる。それでも読んでしまうのよね~♪

  • またも振り出しに戻る感が強く、あぁもぅ!

  • 紫織さん大ハッスル。
    もはやホラー(笑)
    だれかはやく心療内科につれてけよー!黄色い救急車呼べー!

    なんかこう、オーバーな演出が本来の持ち味にかえった感じ。悶絶ものでした。ガラ仮はやっぱりギャグマンガだ、と痛感。

    未だに水木秘書のあの微妙な立ち位置が気になるwww
    あと聖さんにも笑った、あのもみあげがパサッってwwwグッジョブです

  • 会見、そして黒沼チームの稽古日。
    紫織さんの狂気はどこまで進む。真澄さんも。月影先生、意外と元気ww

  • だんだん内容が無限ループに突入してきている。
    いつになったら試演が始まるんだろうね。しかも廃墟が会場とは。この手の見立ては今までに何度もあったし、基本演技って「ごっこ遊び」だってことにプロの俳優たちがまったく気づいていないなんてちょっと見識を疑う。

    紫織さんは痛すぎる。そして鷹宮会長は愚かすぎる。こういう大映的展開はそろそろ終わりにしてほしいけど、でもきっと需要があるんだろうな。昼ドラ的なドロドロが好きな人は多い。私は大嫌いだけど。
    でも少しは進歩があった。マヤが月影先生のアドバイスを受け入れようとしてる。「魂の片割れなら思いは同じ」それを信じようとしてる。大人になったのかも。
    速水さんは自分の立場を捨てるのかも。
    昔夢中で読んでいただけに、この「アイデアの焼き直し」状態は読んでいてつらい。どんな形でもいいから、早く終わってほしい。

  •  やっと演技が始まった! ……でもまだ「亜弓さん、あなたには何が見えているの? 恐ろしい子!」のターンな気がする。
     ヒロインは相変わらずマヤなんだろうが、亜弓さん推しだぜ。

     個人的な希望としては、紫織さんの行動すべてが演技で「ちょwwwこの人ガラスじゃなくてダイアモンドの仮面被ってやがるwwww」ってなってみたい。
     次巻が楽しみです。

全124件中 1 - 10件を表示

美内すずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)の作品紹介

目に異常を感じる姫川亜弓だが、「紅天女」試演会場で何かを掴み…?
一方、婚約破棄で心を病んだ鷹宮紫織に速水真澄がとった行動は…!

ツイートする