フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)

  • 1911人登録
  • 3.45評価
    • (165)
    • (97)
    • (669)
    • (2)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (1999年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171621

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子無料。あ~この話みんなが優しくて泣きそうになる。透ちゃんだけじゃなくて周りの人までみんな良い人すぎ。大晦日の話良いですね~。はとりの過去は切なすぎて…

  • だめだ…!!
    あいつは強盗を玄関から招き入れかねないほどのボケだ……!!
    あまつザブトンにお茶まで出し その上強盗の身の上話までききそうだな……

  • 透さんのしっかりした優しさのある生き方、神様になろうとしてるみたいな。ビリージョエルのjust the way you areみたい
    心のめんどくささから逃げようとしてない作品 たいへん重量感ある はみだしっこ読んでるみたいに、ゆっくりに読む

  • タツノオトシゴか……“奇怪で陰湿で呪われている”部分が今後のストーリー展開でさらに深みを増していくんだろうか……?

  • 再読日:2012年12月25日
    12話の「雪が溶けたら何になるか?」が最も印象的でした。
    私は、はとり同様に「水」になると思い、発想の違いでこうも違うのかと感じました。

  • 本田透です。
    まずはとりとかなのエピソードがよい。これはよいのだ。
    そして、年末に実家に帰ろうとする由希と夾がハッとなって透のもとに帰るあれがまたよい。ああよいのだ。
    この頃の透君は本当によいのだ。
    「そうですね。春になりますね」の透君もよいのだ。

  • 自分の良いところは自分では見えない。だから他人を羨ましく思う。それをおにぎりの梅干しに喩える透のセンスがいい。はとりとカナの過去は切ない。だけど他人を恨まず、カナの幸せを願えるはとりが好きです。雪が溶けたら春になるように、はとりの生にも柔らかい日が差し込むのでしょう。
    はとりが「おめでとう」と呟くシーンで、涙が出ました。

  • はとりさん鳥じゃないんだね…。
    ほのぼのしてていい。登場人物がみんな優しい。
    ねずみの人の時折見せる表情がいい。
    なんか奥が深そうな一族。ちょっとずつ明かされるのかな。
    はとりさんが好き!!!服も!←

  • 2011/02/21:コミックレンタルにて読了。

  • 何度泣かされたことか…

全36件中 1 - 10件を表示

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする