ディアマイン (3) (花とゆめCOMICS)

  • 574人登録
  • 3.73評価
    • (87)
    • (31)
    • (162)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2001年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171836

ディアマイン (3) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • かたくな!
    体なんて黙ってたって大きくなる けど あたしは楽しかったから大切だったから 必要だと思う  いやがるのを無理強いしたいわけじゃなかった
    風茉君も同じだった 同じ気持ちを きっと知ってる
    結局出来ないのも格好悪いけど だからってそれを見せたくないって隠しておくのも やっぱり格好悪いんだ……
    「お願い」っていい台詞だなぁ
    お守!
    傷つけられりゃ誰だって痛ぇよ バカ野郎…
    だから奴らの言うことに傷ついたりしちゃダメだよ わかる?あんたじゃないの お嬢についた傷なんて一コもないの
    傷つかないで 俺が守るから 負けないで 傷ついても 離れていかないで 俺が側にいるから
    安心させるように笑ってくれた そうやっていろんな心でいっぱいにして それでも 「わたしにも 風茉君を守れるわ」 私にも できることがある

  • 学祭のときの風茉の表情の変化がすき。一美の母の「この身ひとつであなたの妻ですもの」もいいなあ。しかし最高なのは一美のクリスマスプレゼントだな!咲十子まじチョロくないwあれはいい愛のこもった復讐だww

  • やきもちやいたの。の、さとこが堪らなく可愛い!こんなに幸せにあふれたくっつき方ってないのじゃなくて?

  • お正月の話で風茉くんがキレたときに当時立ち読みしていたわたしは全4巻ひっつかんでレジに直行しました。


    鋼さんの誕生日、咲十子ちゃんのところの学園祭、お正月の和久寺家パーティの話。一美ちゃんと一美パパの話もかわいいです。正直一美ちゃんファミリーが強すぎるだろうといいたい。お母様・・・!

  • 3巻目。
    物語が佳境になってきました
    高尾さんは言葉を大切にしている方だなぁと思います。

  • 表紙が美しい。高尾滋のカラーも大好きだ。P67の一美の恋する乙女顔はほんとに神だと思う。こっちまでドキドキしちゃうよ!ここまで表情で感情表現しちゃう漫画家さんって、他にあんまり知らないよ!三巻で一番好きなのは、P166のブチ切れ風茉です。なんか風茉くんばっかピックアップしてるけど、咲十子もほんとかわいいんですよ!ドレスアップ咲十子ときたらお嫁に貰うしかねぇな!ってくらいです。

  • 高尾氏に憧れてる。

  • 君が好きだから。

  • ディア マイン 3巻 高尾滋 白泉社花とゆめコミックス ISBN4592171837 2001年6月25日初版 390円(税別)<BR><BR>【ストーリー】<BR>収録内容は下記の通り。<BR>風茉の遊び下手と鋼への誕生日プレゼントの11話、文化祭でヤキモチの12話、咲十子のずるい告白の13話、一美の父親への復讐の14話、咲十子が本家で白眼視される15話、風茉の怒り爆発と一美の母の16話。<BR><BR>【感想】<BR>ヤキモチの話からこちら、めちゃめちゃ可愛いです。咲十子の一挙一動への風茉のリアクションの可愛いこと可愛いこと。

全10件中 1 - 10件を表示

ディアマイン (3) (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ディアマイン (3) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ディアマイン (3) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする