ジパング―ツーリング・エクスプレス特別編 3 (花とゆめCOMICS)

  • 60人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (10)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河惣益巳
  • 白泉社 (2004年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592171911

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジパング―ツーリング・エクスプレス特別編 3 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 日本の旅館(?)で過ごすシャルルとディーンの甘々な感じがグッド♪(爆)

  • 【ストーリー】
    主にツーリング・エクスプレス完結後の時系列の番外編。
    収録内容は
    「ジェラシー・レッド」がチュニジア人のテロリスト取材のため体を使うリュシーに、そしていつも色事で自分よりも余裕を見せる恋人にやきもきするウスーリの話、「王子様の恋人」は英国フィッシュガード財団オーナーの一人娘アリサが、自分に告白したクリスが別の少女と婚約したという記事を読んで相手の少女と出会ったときに諸共に巻き込まれた事件の話、「ジパング」はクリスの祖母の着物を出展するため向かった日本で起きた事件の話。
    【感想】
    4兄弟になったリーツェンベルガー家の小悪魔たちがメインの話。もっぱらシャルルが彼らに連れ去られ、ディーンが迎えに行くお父さんみたいになってついでに一仕事(暗殺)してくる、みたいなパターンと言っては失礼か(笑)2巻からミーネの恋心の行方が気になるんです・・・・。あとはリュシー&ウスーリの新カップルの話が挟まる感じ。本編大好きだったので、またキャラクターに再会できて幸せですv

全2件中 1 - 2件を表示

ジパング―ツーリング・エクスプレス特別編 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジパング―ツーリング・エクスプレス特別編 3 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする