花ざかりの君たちへ (20) (花とゆめCOMICS)

  • 394人登録
  • 3.21評価
    • (15)
    • (14)
    • (145)
    • (3)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 中条比紗也
  • 白泉社 (2003年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592172666

花ざかりの君たちへ (20) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐野家のゴタゴタが終わったあとは、中津家のゴタゴタです。中津を心配する瑞稀にモヤモヤしてる佐野がかわいい。若いなぁ。

    中津母も反対はしてるけど、それは我が子がかわいいから。こんな親に育てられたから、中津の性格になるんだなって思いました。

    最後は、これも学園生活によくあるバレンタイン話ですが、男子校ですよ、ここは。。中央はどんなにがんばっても女の子にはなれないけど、瑞稀は女の子。これがばれたときの中央の気持ちを考えると、ちょっと、複雑。

  • 20040416:読了

全2件中 1 - 2件を表示

中条比紗也の作品

花ざかりの君たちへ (20) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ (20) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花ざかりの君たちへ (20) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする