鍵 (花とゆめCOMICS)

  • 596人登録
  • 3.77評価
    • (122)
    • (69)
    • (211)
    • (3)
    • (0)
  • 78レビュー
著者 : 望月花梨
  • 白泉社 (2003年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592172888

鍵 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更、だ。今更モチカリ中毒だ。抜けられない。この棘は何だ。棘が、もうずっと刺さったままの棘が抜けない。抜けない、んじゃない。この棘の、抜き方を私が知らないだけだ。抜き方を知らないから、忘れていた。この疼きを、勘違いしていた。
    表題作『鍵』、読んだ後に残るのは何だ。痛みじゃない、切なさでもない、本当にこれは、スッキリした気持ち。服部の思いは、空に向かって飛ばされた紙ヒコーキと共に空に放たれた、ようで。どの作品も起承転結の「転」で終わり、描かれていないその後・その余韻に浸る事で更に抜け出せなくなる。――本当、今更の中毒だ。

  • ちょっと怖いくらい心理描写が巧みでおもしろい。

  • この作家さんの恋愛は本当に愛おしくなる。
    切なくって、だけどとても純粋で。
    時々ふと読み返したくなる。

  • 読めば読むほどぐるぐるして共感してしまう。

  • すごくおもしろいし好きだったのですが、モチカリ作品の中でこの1冊だけなくしてしまったので、読みなおすことができません。読みたいなぁ。

  • 恋愛モノなんてくだらん、とすかしていた昔はつまらんと思っていた。
    けど大人になればなるだけ、恋愛モノの面白さがわかってきた。

    人を好きになるとくっついてくる、いろーんな感情、まさしく人間らしさってこういう機微にあったんだなあ。

    恋愛モノとはいうけど、望月さんのそれは、人間関係といったほうがしっくりくる。
    すいた惚れたの清々しさでも、最近はやりのいやらしさとかではなくて、
    じっとりじわじわ肌に染み込んでくるような、独特のコワさがある。
    もちろん救いもある。でもそれにしても、壮快というより、とにかくいじらしい。

    いろんな喜びや痛みがある。それでもみんな関わっていくんだよ〜ってくらい
    私はこの方の短編のほうが好きだなー。

  • BLというよりモチカリ得意の、惹かれたのが身近にいる人だった、という。
    気付いてしまうともう駄目だ。それには鍵をかけて捨てなければ。
    でももしその鍵を開ける鍵を拾われたら。
    全体的に蒸した湿っぽさが薫るけれど、
    それでも結構あっさりしているように思う。
    毒を食らわば皿まで、なんだろうか。

  • よこしまな気持ちで買うと風穴あけられる。胸にさくっと刺さる。ガラスの破片見たいなお話たち。好きです。

  • 肝が冷える作品集。
    これ、花とゆめなんだね・・・。

    望月花梨だなあ、という。一筋縄ではいかない話たち。
    わりと勝手なひとたちがでてくる。
    勝手なんだけど、みんな必死。
    必死だから身勝手なのか。

    『呼吸』
    キレるとかキレないとか、そんな簡単なことじゃなくて、「キレる」までの過程や齟齬があって、それでもそれに立ち向かえずに怒りと孤独に溺れてしまう「犯してしまったひとたち」。
    それを決して肯定することなく、でも、解こうとする。そんな試み。

    でも、個人的には『呼吸』よりも『犬と夏服』のほうが怖かった。
    ああいう、じぶんでも良くわからない突発的な執着欲というか支配欲のようなものは怖い。怖くて、ゾクゾクする。

    『鍵』は、ふたりの今後を読んでみたいと思わせる一作。『ノドアメイカガ』のあと。

  • 直接的な表現はないが精神的にはすごくエロ。
    青臭い思春期エロスを描かせるとこの人の右に出る者がいません。BL?…なんですね、あとがきで更に確定。『ピュアホワイト』とはまた違った方向。
    見開きの紙飛行機のシーンが鮮やか。

全78件中 1 - 10件を表示

望月花梨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

鍵 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

鍵 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鍵 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする