青色図書館 (花とゆめCOMICS)

  • 246人登録
  • 3.45評価
    • (23)
    • (21)
    • (74)
    • (6)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 林みかせ
  • 白泉社 (2005年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592174318

青色図書館 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。1話で大好きになった本。
    みんなかわいい。こんな図書館が身近にあったらなぁ。

  • 【再読】売るか残すかの判断のための再読。樹神さんがむちゃくちゃ好み。ここ最近読んだこの作者さんのキャラの中でダントツに好きだ。もっと彼の話を読みたい。番外編とかで描いてくれないかなー……。
    『私の思うよい本というのは 読んだあとに誰かと話がしたくなるような そんな本です』という台詞が印象的。

  • 可愛らしい絵ですが、あまり動きがある絵にはなってないかな、っと。
    でも、そこに目をつむってもこのお話は大好き。

    自分の場所が取られたような気がする気持ち。
    追いかけてほしいって心情が痛いほどよくわかる。
    女の子は、好きな人にはいつもこんなことを思っているのですよ、というお手本です。

  • 2013/08/25購入・09/14読了。

    廃刊になっていたため中古を入手。傷んでいないものがあれば買い直したいなぁ…。図書館、悩める作家が良いです。先生の新作が気になる。

  • 先生が砂浜に座って万華鏡を眺めるシーンが目に焼き付いて離れない。
    少し物悲しい気もするけれど、主人公の元気なところに救われる。

    先生が見た夕焼けの色ってどんな色なんだろうな。
    モノクロの漫画なのに、とても情景が綺麗に思い浮かぶので、好きな作品。

  • 私設図書館の時給に引かれてバイトを始めた女子高生が、だんだんと本の奥深さに引かれていく話、なんですが………こんな美味しいバイト無休でもします!!と思わず叫びたい(それはバイトじゃない)羨ましすぎる蔵書の山。
    絵柄と女の子がとても可愛らしいです。

  • 私設図書館でバイトを決めたのだが、そこの館長は本オタクの作家さんだった。ゆるやかな話の流れが良いお話です。

  • ヒロインのまっすぐさ、期待の作家さんの繊細さが素敵

  • 一目ぼれしたワンピースを買うためにバイトをしようと思い立つヒナ。
    「青色図書館」の好条件に早速応募する。
    そこでであった館長の下籠谷と働くうちに本のよさと恋を知ることに・・・

  • 私的には最後の短編が大好きです。笑えるところもあり、じーんとくるところもあり、ときめいてしまうところもある。まさに少女マンガです。

全24件中 1 - 10件を表示

林みかせの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
福山 リョウコ
有効な右矢印 無効な右矢印

青色図書館 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

青色図書館 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青色図書館 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青色図書館 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

青色図書館 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする