花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)

  • 459人登録
  • 3.88評価
    • (49)
    • (54)
    • (70)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 成田美名子
  • 白泉社 (2007年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592174455

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • B4

  • 再読中。
    あれ、最近ガクくんがあんまり出てこないなー。
    彩紀ちゃんとのことも気になる。

    てか、メガネありのころとなくなってからと
    ケントの印象もずいぶん違う。
    カラが敗れたのかな。

  • 長い間の感情はそう簡単には変わらないし

  • 個性的な登場人物の多い「花・花」ですが、その最たる人と思っている芳年さん登場。
    いやー、彼を見ていると私は「野村○斎氏」を思い出して仕方がありません。
    それでも、その芳年さんを上回る航さんがいるんだから、この世界は深い…。

    さて、韓国での公演の話がこの本のメインですが、ニューヨークでの話より、韓国の話の方が好きです。
    この韓国の人たちの、良くも悪くもハッキリしているところはいいなぁるそして柔軟性高い!
    全てがそうだとは思えないけど、少なくともこういう気質はあるんだっていうことが望みになればいい。
    でも、この当時はまだ冬ソナブームもなく、韓国は対日感情の厳しい国でしたから、今のこの韓流ブームが来るなんて、思いもしなかった頃だよね。
    その中でこうした絆が気付けた後に、あのブームが来たら、この公演に参加した人たち、みんなすっごく嬉しかっただろうなぁ。

    なんてほんわか読んでいたら、最後の最後に大きな爆弾が…!
    侮れません。

  • 1999年の韓国で能を披露。
    お狂言方の宮本芳年(みやもとほうねん)さんがカッコイイ~❤

  • 韓国に行くの巻。

  • 「贈る言葉」「記憶再生」「仄暗き夢の底より」
    〜節目は自ら作れるもの
    〜何度でも 何度でも 新しい記憶を

    って、今回も良いお話だった。
    芳年さんはこの巻が初登場なのかな?面白いお兄さんです。

    4巻以下持っていないので欲しくなってきた。

  • 個人のレベルでわかりあえることと、国家が、国策として他国の歴史や姿をゆがめて伝えることとは、切り離して考えていかなければならない気がします。

    もちろん、個人のレベルで交流していって、かわりあうというのは、ものすごく大切なことで、これからもどんどんすすめていかなければならないのは、もちろんなのですが。

    そして、どんなにいい仕事をしても、認められないときもあるということも、心のどこかには留めておかなければ。

  • これを読み出してお能を見るようになりました。といってもやっぱりよく分からなかったりするのですが。
    お能の世界もステキですけど、やっぱり成田さんの描かれる人間関係が凄く好きなのです。ここに出てくる人達のようにキチンと生きていきたいです。

  • 学生の頃から好きな漫画家さん

全19件中 1 - 10件を表示

花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

花よりも花の如く 第5巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする