彼方から (14) (花とゆめCOMICS)

  • 215人登録
  • 3.87評価
    • (33)
    • (13)
    • (43)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 白泉社 (2003年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592175445

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ひかわ きょうこ
有効な右矢印 無効な右矢印

彼方から (14) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ※全14巻の感想をまとめてこちらに。

    ちょっと珍しい感じの異世界ファンタジー作品。
    とある事件をきっかけに異世界へ来てしまった女子高生・立木典子は、そこで渡り戦士の青年・イザークと出会う。
    実はイザークは世界に闇をもたらすと伝えられている「天上鬼」であり、ノリコはその力を覚醒させる「目覚め」の存在という宿命を背負っていた。
    「天上鬼」と「目覚め」の力を我が物にしようと企む各国からの追跡をかわしつつ、「目覚め」の出現によって乱れるようになった各地で騒動に巻き込まれたり、危険な異形生物と戦ったり~という旅を続ける中で、二人は次第に惹かれ合うようになるが…――!?
    構成は、1-2巻が第一部,3-5巻が第二部,6-7巻が第三部,8-9巻が第四部,10-14巻が第五部となっている。

    この作品のまず面白いところは、異世界モノにおける“言葉の壁の不文律”が通用しないところ。
    このテの話は基本的に主人公がどこに飛ばされようとも、序盤からその世界の言葉が話せるように、何らかの仕掛けが用意されている。じゃないと話が遅々として進まないからね。((ˇへˇ;)
    でもこの作品にはその仕掛けがない。したがって、ノリコは一からこの世界の言葉を覚えていくハメになる。それが今自分ができる精一杯のことだと思って、努力する。なかなか状況判断のできる、前向きな子なのである。
    そんなわけで、第一部ではイザークとノリコはほとんどまっとうな会話をしていない。それでも非言語コミュニケーション【表情、身振り手振り、声の質など】には言葉以上のものがあるのか(女はとくにこれが達者らしいよ)、なんとか意思の疎通をはかりつつ信頼を深めていくのである。
    そして、設定の見事なこと!
    確固たる世界観のもと、イザークとノリコの切ない関係性も相まって展開される、温かみのあるストーリーが秀逸だ。

    最初にまずこの世界の言葉を習得しよう~と思いついたところといい、私はノリコみたいな子がけっこう好きだ♪
    〝悩んでもどうしようもない状態に陥った場合「あたしにはこの場所で○○する使命があったのだ」という考え方で乗り切ってきた〟(2巻169頁)らしい。
    そうして自らの弱さや力量は自覚しつつ、その中で自分が出来ることを一生懸命しようと、常に考え行動していく。
    そういう柔軟な順応力も含め、読んでいて久しぶりに応援したくなる魅力的なヒロインだった☆-d(ゝω・〃)

    いちばん切なかったのは、第三部~第四部あたり。
    ノリコは旅の中さまざまな出会いを重ねるうちに、イザークと自分が「天上鬼」と「目覚め」の関係であることを確信し、彼のもとを去ろうとするのだが…
    しかし二人は相思相愛となり、闇の末路以外への道を開くため、ともに運命に立ち向かう決意をする!!
    未来とは用意された「場」であり、そこで何が出来るのかどんな使命を果たすのか。それによって得られる結果としての未来はきっと変えられるはず…そう信じて。

    最後はタイトル『彼方から』の意味もちゃんと出てきて、スッキリ!
    それにしても女子高生一人いなくなったっていうのに、この家族と友人の落ち着きっぷりはいかがなもんかね。まぁノリコの決断の早さにも感心するけどw(某少年誌に連載してた戦国御伽草子を思い出すわ。笑)
    …なーんてロマンのかけらもない無粋なことを考えてると、余韻に浸れなくなるのでやめとこう。(´∀`〃)ゞ

    人と人との関わり合い、温かな交流が心に刺さる素敵な物語だった*
    一人ひとりの力は小さくて出来ることも限られているけれど、それが受け取った誰かの中で大きな力となって生かされていることもある。
    そうして人と人…あるいは人と自然や物~は見えないところでつながっていて、この世界はいろんな思いや力が作用しあっている、自分もそ... 続きを読む

  • 後半から勢いがなくなったような・・・?
    でも優しい空気で包まれた世界観はずっと変わらないですね

    ゴーリヤの最期がすごくあっけなかった気がする
    おじいちゃんだからか

  • とうとう最後まで読み終えてしまった。
    何か淋しい。
    最後は少し呆気ない感じもしたけど、最後だからもう☆五つ-笑
    典子とイザークのその後も見てみたい。
    10年以上にわたる連載、素晴らしいです。

  • 大好きな作品ですが最後少し息切れ気味かな…?と感じました。
    元の世界よりもイザークと共にあることを選んだ典子の決断力は凄い!

  • 何度も何度も読み返している大好きなまんが^^

  • 異世界へ飛ばされる話は多々あれど、主人公がどの作品よりも身近な感じがする。細かい設定が上手で最終回後のおまけ話が微笑ましい。

  • 10〜14(全14巻)

  • ファンタジーマンガの中では最高に好きな作品。

  • ◆彼方から
    ◆エピローグ
    ◆典子のミニ日記

  • 全14巻
    完結までにかなり時間がかかったけど、物語の進みは通してみると結構テンポ良い。
    イザークとノリコのかけあいが大好き!

  • 全十四巻。長く続いたお話でしたがこれにて閉幕。ノリコやイザークの不器用でも真っ直ぐな生き方、それをとりまく世界の優しさ。時代が変わっても色あせない、誰にも勧めたい作品です。

  • 異世界に来てしまった女子高生ノリコと謎の青年イザーク。強すぎる力を持つ2人に襲い掛かる敵と集まる仲間。そして、対になるものとして運命づけられた2人の行方がとても気になる話です。必ず1度は涙を流すこと請負です。

  • 心が温かくなるような、勇気が湧いてくるような、本当に素敵なお話でした。

  • 「リョウ」を読んでからなにか〜〜!と探して読み始めたんですがこれもまたいいです!世界が壮大・・・!

  • 長く続いた話もやっと大団円。多少の歯切れの悪さが残ったような気もするけど気のせいか?(2005/5/25)
    棚卸予定。

  • 総感想:悪側の描写が良かった。▼主人公sも、仲間の描写もそれなりだったんだけど、どうにも「光・善」だけで決着付けるのはどうなのよ という。ファンタジーだからこそ、もっと地に足付いた話じゃないと駄目なんじゃないのか。オチも結構ふつーに流しちゃったしなあ。ノリコを見てれば妥当なものの、なんか、こう、もっとないのかね・・・!?と▼まあ、でも、セイシュンジダイに嵌ってた作品をきちんと読み終えられて良かったなとは思いました。個人的には、ミリアムシリーズや『女の子は余裕!』の方が話としては練れていた気がしました。・・・嫌いじゃないんだけど、どうも「異世界」にしては、書き込みが甘かったかなと。

  • ありがちといえばありがちな話だけれど、すごくすごく読みやすい。誰に読ませても面白いと言ってもらえると思います。自信を持ってあちこちにオススメできるお話。

全19件中 1 - 19件を表示

彼方から (14) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彼方から (14) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼方から (14) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする