よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)

  • 547人登録
  • 3.46評価
    • (52)
    • (61)
    • (215)
    • (9)
    • (1)
  • 55レビュー
著者 : 冴凪亮
  • 白泉社 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592176510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人から。
    このころの漫画は少女漫画でも中身がぎゅうっと詰まってて読み応えがあるなぁ。
    勢いで突っ走らないし、キャラが魅力的だし。
    不安定さはあるけど、性格に不安定があるわけではないから安心してみていられるというか。不安定さと波ってよく似てるけど違うと思う。ジェットコースターみたいな性格のキャラがいなくてほっとする。
    主人公も相棒もやんちゃなんだけど、「年齢のわりに」ちゃんと大人びてて、
    やっぱり今の子供って「性格に不安定がある(波)」んだなと思った。

    展開は王道ど真ん中なのでおススメ

  • ・なんやかんや最終巻までそろっていない…
    ・冴凪亮さんを知るきっかけになっ本
    ・志摩さんと香ちゃんのナイスコンビ
    ・志摩さんの女装率は大人になってからおかしいぞと思った…
    ・弥一さんが好き
    ・ヒロインは結局、志摩さんなのか………

  • 全巻購入済/表紙買い

  • 全9巻

  • (1巻ではなく、全巻まとめての感想です)



    結構前に読んだ漫画です。
    一時期とてもハマっていました。
    香ちゃんの安定感。志摩さんの不安定感。
    信頼するパートナー。ライバルAPP。
    面白い話だと思います。

    だけど…志摩さんもっと強くなれ!!!
    っと言いたい。笑

  • 全巻読破。絵が綺麗なんですが……内容がイマイチ……盛り上がり方が微妙な所。

  • 推理要素とか、謎解きとか、探偵モノとか、そういうのが好きだったのでこの作品もばっちり好きだった。
    志摩さんも香も、お互いがすごく大切なんだな~と思いつつ読んでました。相棒萌えのきっかけの一端のような予感(笑)

    コミックスの後半を買ってないからどういう終わり方をしたのかが分からない…またそのうち買おう。

  • このときのはなゆめ系が大好きすぎる!!

  • ネット上で「よろず屋」を営む志摩義経.
    彼の下に人気モデル・駿河香から依頼が入る.
    香からの依頼を解決した縁で香はよろず屋でバイトをすることになり
    2人で協力し様々な事件を解決していく.

全55件中 1 - 10件を表示

よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よろず屋東海道本舗 (1) (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする