カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 93人登録
  • 3.33評価
    • (6)
    • (2)
    • (35)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 天原ふおん
  • 白泉社 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592177142

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 設定的にはもっと続けられそうなのに2巻で終わりなのが本当に残念。デレたトキをもっと見たかった!

  • ファンタジー少女マンガを描かせたら日本一!な天原ふおんさんの作品。
    ちっちゃな獣人がホント皆可愛くてオススメです。
    途中にミストルティンに出てきたあのフェンリルが登場するところも美味しいですね。
    トキとメイリンがくっ付いた後の話も見たかった!
    そんな残念な思いも混めて4つ星にさせて頂きます。



    あらすじ
    比較的裕福な田舎に暮らす村娘メイリンは地上の話を集める集部のトキと小さい獣人チャロに出会う。メイリンの住む地方では出来のいい子供が金品と引き換えに行方不明になる神隠し頻発していた。次の日メイリンの弟の梢星は神隠しにあってしまう。メイリンは一人で家を飛び出して、不思議な力を使う語集部のトキに弟を探す助けを求める。

  • 世界中を旅して人々のお話を集めるという語集部のトキと連れの獣人チャロに出会い、世界に興味を持つメイリンのお話。

    ファンタジーに分類しようかと思ったけれども、世界観と設定的にはSF……だよなぁこれ、ということでこっち。
    つーか、メイリンの漢字が出ません。。。
    「たぶん 元はみんな 同じなんだ
     ただ どこに生まれて 何を得てきたかが 違うだけで」
    と理解することができるメイリンの、ある意味強靱にフツーに真っ直ぐなところはひどく可愛らしいと思います。
    あと、紅羽も可愛くて好きー。女の子が一生懸命なところが可愛いお話は好きです。
    ……天狼公のひねたところも好きだけど。

  • ほのぼの〜としてて好きだ。
    もっと続いて欲しかった。

全5件中 1 - 5件を表示

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

カタリアツメベ探訪談 第1巻 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ツイートする