あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)

  • 604人登録
  • 3.88評価
    • (112)
    • (65)
    • (149)
    • (2)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 緑川ゆき
  • 白泉社 (2000年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592177517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3巻での気持ちを形にした表現がたまらなく好きです。

  • この独特の空気感で見事に
    引き摺り込まれました(。-_-。)

    切なくてどきどきです。

  • この頃から既に表現力を存分に発揮していたんだ……と思わず感歎。新人にしてこの表現力。台詞の巧さ、コマ割の妙。全てが作品を更に更に高めているのが見て取れる。絵の方はぎこちなかったりするけど、絵なんて幾らでも巧くなる(現に段々慣れてきて変な硬さも抜けてきているしね)。印象深い場面が多過ぎて困る……

  • 再読。緑川ゆきの初期作品だけど、本誌掲載時からファンでした。主人公は平凡だけど芯の強い女の子。憧れの男の子は特殊な能力はあるけど、少し影がある感じ。この二人の感じがいいんですよね〜。

  • 借りて読んだのですが、思わず自分でも購入。

    主人公の魅惑のボイスです笑

  • 1〜2巻所持の為1巻だけ登録。

  • 再読。
    …もう!もう!!!ってなる。毎回なる。
    再読というかもう何回読んだか分からない。絵は最初苦手だったのに今はもうこの絵柄でないと緑川さんの書きたいものは書けないんや…と思うまでに。夏目友人帳も大好きだけど、やっぱり特別です。これで緑川さんを好きになったんだ。

    「クラシックなんて退屈だと思ってたけど、それをくれた人が『いい曲』って言ったからいい曲に聞こえ始めたんだ」
    というこの台詞がね……辛島くんや国府さんや主要人物の台詞ですらないけどこの優しい言葉の選び方が緑川さんの真骨頂な気がする。
    ともすればギャグにすらなりかねないくらい芝居がかった台詞が多い(特に初期作品)のに、真摯すぎて茶化す気すら起こらぬ。これが緑川ワールドなんや…

    もう好きすぎて客観的なレビューなんて書けるわけがない。前に夏目か何かのレビューでも書いたけど作者さんがまんがというものにとてもまじめで、昔も今もいろんなことに挑戦しているのが好ましい。
    最近は夏目が定期連載になっているので読み切りをあまり書かれないのが少し残念。でもひとつのシリーズで3冊超え感慨ぶかい!

全55件中 1 - 10件を表示

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)のKindle版

あかく咲く声 (1) (花とゆめCOMICS)の文庫

ツイートする