鱗迷宮―龍宮邸の殺人

  • 74人登録
  • 3.14評価
    • (2)
    • (2)
    • (38)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 神谷悠
  • 白泉社 (2004年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178552

鱗迷宮―龍宮邸の殺人の感想・レビュー・書評

  • 【ストーリー】
    医学部生の京と、親友で新聞記者の一平が何かしらの殺人事件に巻き込まれ解決にのぞむミステリ漫画。
    本編の収録内容は「迷宮・僕たちに翼はない」「迷宮・緑の世界」「鱗迷宮─竜宮邸の殺人─」「Well met!」である。囲碁大会の宿泊客の棋士の身を襲った奇禍、人殺しの妻と呼ばれる姉を心配する少年の話、医師国家試験が終了するとともに音信不通となっていた京と取材先で出会うが異変を感じる一平・・・といった内容。「Well met!」は結城&アキラのショートショートストーリー。
    【感想】
    この巻では「迷宮・緑の世界」が一番好きです。泣けました。「次巻はこの2人がなんとついに・・・!」っていう前振りすごい気になるんですけど、結城&アキラシリーズ(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

鱗迷宮―龍宮邸の殺人を本棚に登録しているひと

鱗迷宮―龍宮邸の殺人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鱗迷宮―龍宮邸の殺人はこんなマンガです

ツイートする