彼氏彼女の事情 (19)

  • 849人登録
  • 3.40評価
    • (60)
    • (43)
    • (285)
    • (6)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2004年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178637

彼氏彼女の事情 (19)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ひとは、生きながら何度でも生き直せると信じていた』

    怜司さんの台詞です。

    しかし、負の螺旋はそう簡単に壊せないと想う。

    何度もまた同じようなことでつまずいてしまうのが人間の弱いところ。

    この巻が一番深味があって面白かった。
    続きに期待します。

  • 【※コミックス注意】
     朝から漫画読む生活。
     というか、読まないと寝てしまいそうで、とりあえず活字を読み漁っていた。

     前巻に引き続き、有馬の両親とその兄(育ての親)の過去の話。
     悲しくて、辛くて、切ない話。
     誰かが悪いわけじゃないのに、誰もが悪くなってしまった話。

     でもその話を聞き終わった有馬は、「知れてよかった」と一つ大人になり始める。
     でも雪野さんは有馬の過去を聞いて、自分自身が子供を妊娠していることを告げにくくなってしまう。
     でも相変わらず雪野さんは「まいっか」とのんき。
     そのうち、時期が訪れるだろう……という様子。

     そして、有馬の実母が再び有馬の前に姿を現して、そこに怜司が登場。
     実は怜司の来日の目的は、有馬の母親を殺すこと……だった。

     強くなった有馬さんと、皆が実は有馬さんに優しく接していた話で。
     どうしようもなく優しいことが時に罪になってしまった。

     やっぱり有馬の父は相当エキセントリックな方向だけど、有馬には優しくて、それでも救いだと思うんだ。
     血の惨劇だけは勘弁してあげて欲しいけど。

  • ※感想は第21巻のレビューに。

  • 7月の終わりに1巻を読み始めた「彼氏彼女の事情」ですが、とうとう、最新刊までたどり着いてしまいました(パチパチ)

    これから先は、連載が貯まるのを待って読むという……なんだか、少しさみしいような気もしますが。

    そして、この巻でも、雑誌で見たはずのあのシーンが出てこない(笑)

    えーと、この巻、「ララ」8月号掲載分まで載っているので、やっぱり夢、幻か(笑)

    まあ、誤解が、いい出合いをうむということもあるということで……。

  • 有馬の父とぱぱんが若いころのお話のつづき。

  • 有馬父過去編続行
    ■グレる怜司。
    ■戻る怜司。
    ■子ども(総一郎)誕生。
    ■せびられる養育費。
    ■実の父と義理の父のかかわりの話終わる。
    ■オーラがサラッとなった総一郎さん。

    2011.11.20読了

  • お父さんかっこいい。

  • 恐ろしい母親・・・。

  • 彼氏彼女の事情19
    レンタル

全26件中 1 - 10件を表示

彼氏彼女の事情 (19)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする