美女が野獣 第4巻 (花とゆめCOMICS)

  • 566人登録
  • 3.54評価
    • (67)
    • (60)
    • (226)
    • (1)
    • (1)
  • 68レビュー
  • 白泉社 (2004年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178743

美女が野獣 第4巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マツモトトモはこれが一番好き

  • 主人公が独特! 妹にしたいという感じで可愛い、そしてタイトル通り野獣滴でした。
    すっと終わってそれも好印象。

  • マツモトトモ第一作目でした。
    テンポはゆるいんだけど独特の笑いを誘います。
    花とゆめって感じの作風です。

  • 都是鱷淵當封面未免也太偏心了吧。
    封面鱷淵=鱷犬穿的黑T恤,和中間下貫聰=小蔥頭扉頁白底那件,印花圖案相同喔。我沒有很討厭鱷犬,畢竟詠美很失禮。
    這即下貫當著鱷犬面前像詠美告白XD 詠美還一口答應XDD 不過是說當時鱷犬的女朋友=白色男生頭的理髮師小姐也在場啦。鱷犬本來就有親密關係的女朋友,詠美本來就不用介意他。

    除了Vol.1第一話的試膽考驗,另個我對這部印象深刻的就是下貫與詠美的初測約會XD

  • マツモトトモさん大好きなの・・・!
    でもその中でも美女が野獣はとりわけ好きです。マツモトトモさんの漫画、全部上野樹理さん主演で映画化してほしい。

  • 「キス」を書いたマツモトトモの作品です。
    「23:00」でちょっとインターバルを挟みましたが、この作品は本領発揮というところでしょうか。何たって主人公及びその相手役。
    「食い殺しそうな目でありながら上品で野蛮な男」と「天然系でありながら決してカワイコちゃんではない、でもハート鷲掴み!な女の子」を描かせたら天下一品です!

  • マツモトトモさんの作品の中では一番好きです。
    こういう二人のどちらかが振り回される系の話がつくづく好きだ。

  • 四巻だけイメージありってw なので四巻登録。感想は時間あれば・・・

  • マツモトトモさんの作品は、まず絵がスタイリッシュでカッコイイ。
    更に食えない男が多い(笑)

    美女が野獣は私が一番好きなマツモトトモ作品。
    迫力ある外見と奔放な性格から、一匹狼を地でいくワニちんが、かなりズレてる食い意地の張った変人エイミに翻弄されてます。
    脇キャラも美人で変な人ばっかり、イイ男も多いのでw一読の価値アリ。

  • エイミとわにちんのコンビが好き。にやけちゃう。変人まみれだけど貧乏はちゃめちゃ女子寮の面々とかシモーヌとかみんなかわいい。

全68件中 1 - 10件を表示

マツモト・トモの作品

美女が野獣 第4巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美女が野獣 第4巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする