フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)

  • 1764人登録
  • 3.44評価
    • (142)
    • (88)
    • (607)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2003年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592178828

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かぐらああああああ!!! ……泣く。

  • 暗い妄執に取り付かれ縛られている人々……これって、ラスト救われるんだろうか……?

  • 再読日:2012年12月27日
    神楽の恋の元になったきっかけは最低なものだったけど、
    それをずっと胸に閉じずに夾に打ち明けた勇気に感心しました。
    いつかは神楽にとって良い人と言える人を見付けて欲しいです。

  • さっき、本音がどうのこうのと書いたけど
    一番意味不明だったしぐれが一番本音で喋ってた可能性についてびっくりするくらいには読めてきた

    本音でぶつかるのも凄いけど
    あんたけ複雑な状況で本音でぶつかって
    でも完全に壊れないのは
    人間強く頑張ってるのもあるやろうけど、
    理解しようとかわかろうとか頑張ってるからかそだよねぇ

  • 2011/02/28:コミックレンタルにて読了。

  • 楽羅と夾の間に重要事態。
    リンちょこちょこ登場し敵意撒き散らす。
    みんなの進路。
    花ちゃんの恋?

  • 生徒会メンバーはすごい性格の子ばっかでおもろいw
    直はなんかもう可愛すぎるだろ・・・
    あとは楽羅と夾くんのデート回はすごい読んでて涙がとまらない。
    ああもうフルバはいい子が多すぎる!

  • いやぁ、1ページ目からかましてくれましたね、この男(笑)
    綾女さん、かなりツボです。

    何やら色々動き始めたような。(それとも私が気づくの遅い?)
    楽羅の話とか、やっぱり読んでいてつらかったけど本当に心を動かされました。透と両親についても、なんだかいいことばかりでもないのかなぁという感じです。
    いつも明るい透がガラガラ崩れていくようなのを見ると本当に不安になります。

    夾くんの三者面談が、描写少なかったけどなんかぎゅうと胸がつまりました。

  • チビ夾かわいすぎる……三者面談のダイヤモンドダストwwwwwwww
    寝込んでるおじいちゃんがああいうこというのは反則…(´;ω;`)

  • 新学期が始まり、ついに新生徒会メンバーが勢ぞろい!!
    由希の周りが忙しくなる中、透は皆に内緒で藉真を訪ねる。十二支の皆を草摩家の「呪い」から解放したいと言う透に藉真は?
    一方、そんな透の動きをリンが警戒し――!!

全24件中 1 - 10件を表示

高屋奈月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)のKindle版

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)のコミック

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)の図書館

ツイートする