ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 428人登録
  • 3.55評価
    • (23)
    • (53)
    • (62)
    • (15)
    • (0)
  • 36レビュー
  • 白泉社 (2009年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592180432

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • モリエ先生の本は数冊しかよんでいないけど、苦手だなぁと思った。
    ナツの病気と、双子の髪の毛はどうなってるのかが気になるけど、続きは買わないかな。

  • 全3巻レンタルで読破。復讐の為、亡き父を陥れた理事長が運営する学園に男として転入した吉岡色。彼女は、医師だった父の元患者であり、トップクラスの家柄と完璧な容姿から学園の人気を四分する王司弥春、森宮奈都、京本秋治、京本冬治を頼るが、彼らはそれぞれ秘密の奇病に罹患していた。
    それぞれ奇病と心の闇を抱えた4人と色との関係が面白かった。
    出来ればその後のお話がもう少し観たかったかなぁ。

  • ザ花を買ってた頃から好きなモリエさん。
    絵がきれいで、紡がれる言葉が独特なところがすきだったのですが、今回まさかこんな王道!
    とにかくキャラが全力で王道!しかも男装で逆ハー!と売れた王道漫画要素てんこ盛りといった展開にギャップを感じました。
    あまりに王道すぎて、おばちゃんちょっと見てて恥ずかしいったら!と思いつつ、要所要所はやっぱモリエさんらしい作りになっていて素敵です。
    色ちゃんとハルがすき。
    王道だけど、ハルみたいなキャラって私今まで出会ったことないなーという新鮮さも。
    展開はかなり鉄板です。でもそこがいいですよね。漫画だもん。

  • 4人とも好みじゃない

  • 君だけは愛してくれる

  • 美形ぞろいですね、わかります!
    女の子もカッコいい。男装萌え!

  • 男装もの。某作品のパクリっぽいキャラたちだなー。でも結構おもしろい。

  • 最高に素敵なマンガでした。さらっと読むにはもったいないくらい。でもだらだらと続かず3巻までで終わり方もすごいいいです!読み終わったあと「いいマンガを読んだ!」って思いました。1つのドラマを見たかのような気持ちになり、人と付き合うことについて深く考えさせられました。色の男前な感じ、たまらないです!!

  • レンタルにて。

  • 白磁の時も思ったけど最初の方の展開が映像的?詩的?で、話に入っていくまでオロオロしてしまいますモリエ節。
    でも最終回ラストシーンは昨今の少女漫画でも最も美しいものではないでしょうか。
    主人公がサブキャラからはイケメン扱いされてなかったり、悪人が本当に振り切れてたりするのが良かった。

  • イケメンがいっぱい出てくる逆ハー学園物。実に花ゆめっぽいなぁ(笑)

    でも、『病気』という設定が、モリエさんらしさ(と、私が勝手に思っているもの)を上手く引き出していて、とても良かった。

  • そんなに話暗くないと思う。

  • 表紙に釣られて読んでみました。
    か・・・・・かっこいい(*´д`*)
    どのキャラも個性が出ていて大好きです。
    アニメ化しないのかなあ

  • かっこいい登場人物にサバサバした主人公は魅力的。
    絵も素敵。でも展開が早すぎる。春夏秋冬と仲良く(?)なるまでに2話くらいあってもいいと思う。そして何点か矛盾があるような…。

  • 三巻まで既読。
    花ゆめお得意の逆ハーものかと思いきや、設定は案外シリアス。そしてお話の展開は至ってシビア。
    分かち合えない「痛み」を根幹にした身勝手な恋、というのは個人的に大変好みなモチーフなので、続きを楽しみにしておきたいなあと思います。シキちゃんが服を剥かれるシーンどえろかった(自重しろ)。

  • モリエさんの白磁がでてたのでこれも。
    絵が好みで買った漫画だったんですが、話もさらっと読める感じで私は結構好きでした。ハルとフユがすきです…

  • モリエサトシだから、という理由で買った。
    学校ホテルは超える。白磁は超えない。でも無理を感じないのはこっち。
    トンデモ設定ではあるけれど、やはり感情はうつくしいと思う。これがモリエサトシなのかなあと。

  • 父を陥れ、死に追いやった旧敵の理事長への復讐のために、正体を偽り、男として学校に潜入したシキ。父の遺言で力になってくれるはずのハル・ナツ・アキ・フユと行動を共にすることになる。しかし、彼らは強大な財力と絶大なる権力を手にしている一方で、ある秘密を有していて…。シキの復讐の行方、そして4人との関係性が軸のお話になっております。
    状態的には、逆ハーなのでしょうが、本人は復讐のみにのめり込んでいるため、いま一つラブ面は盛り上がらないのがもどかしいです。
    物語のテーマとしては、孤独・信頼・絆・脱皮といったところでしょうか。
    それぞれの理由で他人と距離を置くことになってしまった5人の間に、信頼関係が築かれていくかどうか、がひとまずのテーマですね。
    孤独や虚無感を味わったことがあるだけに、一癖もふたくせもあるキャラクターたち、そして復讐というテーマでありながら、シキの根本的な前向きさと鈍さが物語を暗くするをの防いでいて、読みやすいです。
    そしてハル。ハルの不憫さというか、報われなさが良いです。報われないというよりは、既に彼は救われているのでしょうね。
    だからこその絶対の愛。たまに嫉妬したりしてかわいいです。

  • 意外と面白かった!その一言に尽きます。
    設定はありがちな、男装(性別偽り)とみんなに羨ましがられるようなイケメン逆ハーレム。しかし主人公は興味なし。

    話がテンポ良く進んでいくので面白いです。

    しかし時々コマを飛ばして読んでいるような感覚がある。
    読解力の足りなさがいけないんだろうか。。。

  • 定番キャラ。ハル→優しいイケメン*ナツ→かわいいけど腹黒い*アキ→タラシ*フユ→インテリメガネの王様。
    うん。定番だけど私は大好きだよみんなのこと。
    それぞれ4人は病気を抱えていて、人のことをあまり信用しない。
    そんなところに主人公の色がやってくる。
    「復習するために権力をかしてほしい」
    5人が通う学園の理事長に復習を、とやってきた転校生の色。学園では男のふりをしているが実は女。それを承知の上で、4人は色の復習に協力を…する…!?

  • *借り物*
    双子設定は好きです。
    が、某ホストマンガ髣髴としてしまったり、画が全部静止してるみたいに見えたり。(スピード線が少ないのか?)
    アモバンはそんなにソッコー効果は出ないぞ☆っとつっこんでみたりした。

  • 連載ではアレだったけど、一気に読むとやばい。スルメ的漫画

  • 花ゆめは男装させるのが好きよなぁw
    キライじゃないぜ・・( ̄ー ̄)

    病んでる人って言っても、そこまで崩壊してないので
    安心してよいと思いますお。

全36件中 1 - 25件を表示

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラブシック 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする