ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 206人登録
  • 3.49評価
    • (13)
    • (22)
    • (33)
    • (8)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 可歌まと
  • 白泉社 (2008年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592180449

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 髪の長い時はお姫様らしく見えるけど、切ったら幼い… お姫様らしくない…
    王子様のお土産のセンスはある意味らしさが出ているなぁ。

  • レンタルで全2巻読了。

    『狼陛下の花嫁』 を読んで、過去作にも手を出してみました。
    こちらも “王家” もの。 洋風だけどw

    キャラクターもストーリーもまあまあ。
    ベタだけど可愛らしくてその辺は良かった。
    画力がまだまだなところが惜しいかな・・・動きが無い感じ。
    にしてもこのタイトルは無いわーと思うんだけど (;´∀`)

  •  狼陛下読んでて、読みたくなったので、再読。
     あぁ、やっぱりこっちの方がすきだなぁー
     さりげに頼りになる王子様が、守られるお姫様の暴走をちゃんと受け止めるのがいいです。

  • なんとなく読んだ。ありがちだけど、何かある。

  • 全2巻。
    絵ははっきりいって上手くありませんが、なんかめっちゃ好きなんです(^^)
    1巻の描きおろしが可愛くて面白いです。
    「選ばせてくれたことが嬉しい 選んでくれることが嬉しい」

  • 深窓の姫として育てられたのに、行動力ありあり。
    ひどい噂の王子、実は口下手で、隠密行動好き。
    ほのぼのなお話です。

  • 古書店て見つけて全2巻購入。

  • 心優しい深窓の姫君アルディーナと悪い噂のある王子様イジーの恋愛物語。

    ●第一話
    ローシェン国のお姫様がガルニア国に男装して婚約候補者の潜入捜査していたら宮廷で昼寝中の王子様と出会って仲良くなって街を案内して髪飾りを貰ったり王子様の噂が誤解だったと気付いたり、でも騙していることに良心の呵責を覚えて黙って国に戻ったら王子が言いたい事があったら言えと押しかけてきて婚約する事になったの巻。
    アルにとって父親に認めてもらえない事からくる自己否定の状態から、傲岸不遜に見えるイジーが救い出してくれる。揺るがない何かを持つイジーに憧れが恋になったんだろう。アルはコロコロしてて可愛らしいなあ。

    ●第二話
    婚約後の初デートなのに男装させられた挙句仕事のついでぽくて凹んでいるとイジーとはぐれてその国の実は王子なロベルトに拾われてイジーを探すためと騙され武術大会に参加して大ピンチのときに王子様が助けにきてロベルトvsイジーで王子様大勝利ででも暴動扱いで逃げながら仕事がついでと言われて愛が深まったの巻。
    可歌ヒロインはキメゴマで大概泣いているような(笑)
    ムシ除けのために男装させてたなんて、そんなにやにやしてしまうわいー。

    ●第三話
    祖母に婚約報告に行ったらイジーが庭師として働いていて婚約破棄を阻止するためにイジーが王子であることを隠そうとしたけれど全然話ができず落ち込んでいるところ夜明けに朝陽を見に連れ出してもらって機嫌が治ったのだけれど祖母に庭師と逢引と勘違いされてかけ落ちするも認めてもらえたの巻。
    つかまったイジーを助けに行こうとして壁から降りられなくなるアルもお約束だけど、そのときに「よかった…っ地下牢じゃなかったんですねっ」とイジーをまず心配する姿がかわいらしい。

    ●第四話
    今度はアルからイジーに会いに行ったら帰れと言われて一緒に仕事をしている女性騎士カテルが美人でやきもちを焼いてしまって頭を冷やそうと森に入ったら強盗団にさらわれてしまってイジーが助けに来てくれて愛が深まったの巻。
    閉じ込めておきたいほど心配するイジーに「それだと …わたしから会いにいくことができません」と返すアルがかわいい。まだアルは片思いだと思っているけど十分両思いなのがいいね。
    カテル嬢がかわいいもの好きだから近づけたくなかったというイジーの本心も明かされてラブラブ一直線。

    ●ゆらゆら不思議力学
    ●王子と姫と贈り物
    イジーは美的なものより合理的なものを好むらしい(笑)
    何でも喜ぶアルがかわいいなあ。

  •  箱入りのお姫様が悪評高い婚約者の王子様をこっそり訪問し、そこからラブが生まれる王道中の王道。のんびり読めました。最近王道のアレンジ激化してきてるので、お姫様が実は○○とか王子様が実は△△とか…色々あるじゃないですか。しかし本作は本当にのんびりまったりです。和む。

  • 購入して読了。

  • 可歌まとさんの初コミックスです。
    知り合いの方に勧められて読んだのですが、正統派ファンタジー少女漫画でした。
    画力がちょっと甘めではあるかなぁ、と思いますがお話はしっかり作り込まれていて、ブレが無かったと思います。
    主人公のアルがぽやーっとした感じの可愛い女の子で、王子様なイジーは恋愛ごとに疎くちょっとずれた感じで、恋愛の進展はゆっくり目でしたが最後はハッピーエンドで良かったです。
    お気に入り脇キャラはおばあさまと敵国の3兄妹。完全な悪役では無いところにほだされました。



    あらすじ
    古い伝統をもつ国 ローシェン の姫 アルディーナ に新興国家 ガルニア の
    王子との縁談が持ち上がった。ガルニアの王子にはひどい噂ばかりあり…
    深窓の姫と無愛想な王子の恋を描いたファンタジー。

  • 2009/6/20購入・読了。

    悪いうわさの流れている新しくて栄えている国の王子と、由緒正しき王国の箱庭の姫君が婚約する!?というお話から始まります。

    うわさって信じられないよね。(?
    意外と展開が面白く、1日で読み終えてしまいました。
    男装の姫君、いいなあ・・・。

  • 男装したお姫さまが婚約者の王子さまに会いに行くっていう、王道ロマンスファンタジー。

    絵は……正直あまりお上手ではないんですが、ストーリーとかコマの見せ方とか、すごくうまいです。
    すごくベタベタな話なんですが、それがまたツボ。
    川瀬夏菜さんの「知らない国の物語」(だっけな)も、こういう感じだったなぁ。アレも好きだった……
    とにかくアルがかわいい!
    いまどきファンタジーを書く出版社は少ないので、がんばってください白泉社さん(笑
    2巻完結です。もっと描いていてほしかったなぁ……

  • 最近このパターンが多いな。>LaLa
    ベタですが、好き。
    深窓の姫君のくせにやたら行動力のあるアルにラブv

  • う〜ん、自分的には微妙だった。
    (08.12.16)

  • とにかくふたりはかわいい!
    ていうか、アル可愛いでしょう…!?

  • う〜ん,何がいいんだろう,と読んで楽しくなるたびに不思議に思う不思議漫画.
    絵はあんまりうまくないと思うんですけど,何かがいい.
    他の短編も面白いので,これからも不思議に思いながら読み続けるのでしょう.

  • ひどいうわさの王子に嫁ぐことになった姫が、一目見て覚悟を決めたいとお忍びで潜入。だが出会った王子は噂と違って……というある意味王道もの。
    だけど、王子が「放蕩者」ではなく仕事をきちんとしてるけど、「仏頂面でマイペース」なのがちょっと一味違ってて面白いです。
    また主人公の姫が世間知らずの天然娘なんですが、嫌味じゃなく可愛い。
    1話で「恋人」として出来上がるものの、そこから初々しい恋を続ける二人がこれからどうなるのか、とても楽しみです。

全21件中 1 - 21件を表示

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひみつの姫君うわさの王子 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする