図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 2178人登録
  • 4.01評価
    • (335)
    • (246)
    • (263)
    • (24)
    • (5)
  • 182レビュー
  • 白泉社 (2008年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592180463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • アニメよりずっといい!

  • 978-4-592-18046-3 188p 2008・4・10 1刷

  • 小説のコミカライズって賛否両論だと思うんですが、これは当たり!です。

    原作の図書館戦争が大好きなだけに、微妙だったら嫌だなぁ…と思ってたんですが、杞憂でした。
    少女漫画らしく、ラブもちゃんとあるし、何より原作をそこなってないのがいい!!

    たまに挿入されてるオリジナルの話も良くできててニヤリですw

    LaLa本誌ではいよいよ革命の話に突入です。
    どうやって描いていただけるのか楽しみ!!
    でも、本誌だとページ数少ないんですよね〜…。
    でもっ!!次に発売予定の12巻…?だっけか。
    には柴崎と手塚のむふふも載る予定!
    今から楽しみです!

  • アニメ→原作→映画と来て、ついに漫画まで手を出しちゃった。
    アニメで削られた所も丁寧に書いてて原作をうまくアレンジしてて凄いなと。
    特別漫画や四コマも面白い。
    この巻のお気に入りはクマ事件のあとの四コマ。
    堂上教官のツンデレがかわいい

  • 有川浩ファンとしては、コミックも読んでみようかな。
    ということで、遅ればせながら読んでみました。

  • 小説(文庫版)に嵌った勢いで購入。
    キャラは大体イメージ通りだけど堂上教官が想像以上にイケメンだった(笑)
    小説版では分かりにくかったけど、漫画版だと堂上→郁への特別な感じがより強く描写されてる様に思う。
    後、絵がある分、少なくとも王子様の正体が誰かは速攻分かる(小説版は明かされるまで気づかなかった私……)
    アレンジも少女マンガらしい感じで悪くないので、良かったー。

  • 堂上教官のツンデレがとても良い。
    今後も読み進めたいです!

  • 『図書館戦争』コミック化、LaLaバージョン。
    小説の漫画化は、オリジナルの漫画とはまた違うセンスが問われる。小説をそのまま漫画化したら、大変なページ数になる上に、読みづらく説明臭くて面白くない。
    情報の取捨選択の質が、漫画と小説では異なるからだ。
    どのエピソードにどのくらいのボリュームを割り当てるか、エピソードの順番や意味付けすら変える覚悟で構成し直す必要がある。そして、パロディ(アレンジ)出来るくらいのキャラクターへの理解も必要となる。
    LaLaバージョンは、掲載誌である少女漫画としてのニーズにも応えた、良いコミック化だと思う。

  • 原作を読んでいるときに思い描いていた、堂上教官と玄田隊長がいてくれて、それが何より好きでした♡

  • 小説がおもしろかったから、つい、買ってしまった。小説のイメージに画があっていて、おもしろかった。自衛隊を想像させるが、マンガで見ても怖すぎないのがいい。これから胸キュンしてくんだろうな。

  • まだ絵が落ち着かない感じ。

  • 実写映画は見たことがあって、結構面白いと思ったんだけど、原作小説はあまり読み進めることができなかったので、映画だけで止まっていた。
    今回映画の続編が公開されるということで、また少し話題にあがていて、ついにマンガを手に取った。
    結果、今ハマっている。とても面白かった。小説はあまり読み進められなかったけど、マンガは一気に読んだ。ベースがとてもしっかりしているから(という印象を受けた)、メディア化しても基本がぶれず、安定して品質が高いのかな、と思ったのだが、どうなのだろう。そしてしっかりと少女マンガになっていて、最近こういうがっつり(若い)恋愛が入ったマンガから遠ざかっていたこともあって、久々に楽しめた。ごちゃごちゃした理由とか、事情とか抜きの恋愛。やっぱりすぱっとしてていいものだなあ、と。肝心の(?)日本における表現の自由という題材についてもかなりよく書いてあって、ありえない話じゃないと思うし、近い考え方は日本に存在していると思う。メディア良化委員会とか、できても不思議ではないなと。
    すでに完結していて、全巻読んでしまったので残念に思っていたけど、特別編が10月に出るみたいなので、とても楽しみ。

  • ちょっとバカにしていたこの作品。
    いや、小説はいつか読みたいとは思っていたのですが、コミカライズの印象が私の中でわるかったのでずっと手を出さなかったし、出そうとも思わなかったのですが、読んでみたらなかなか面白く、困りました。
    学生の時に知った十進法。学問とは知っていたのですが、こういう時に役に立つのかと絵にされるとすごくわかります。国立国会図書館とかすごそうです。
    あとは現実に完結したらこのん本を大人読みしたいと思いました。
    それは小説家漫画家はわかりませんが、とても気になる作品です。

  • 小説もいいけど、漫画もいいですね~。二人のイメージにあってるきがする。

  • 小説版より少女色が強い。
    多少の脚色やオリジナルストーリーはあれど基本的に原作通り進んでる。

  • パラレルワールド
    16.02.08 15巻

    1-15巻 続

  • 図書館戦争は小説も映画も良かったけど、コミックも良い!
    心からそう思えるほど楽しめました。

  • 面白かった。電子書籍。

  • 原作がものすごく好きで、漫画になる時に即買いしました。
    漫画のほうが勧めやすいってのもあるんですが・・・

    イメージ通りの絵なので気に入ってます。

  • 堂上教官「正論は正しい・・・だが、正論を武器にする奴は正しくない」

  • とりあえず1巻、読了。
    小説よりも動きがあるぶん、こちらのほうがわたしは好き。
    キャラが全部、素敵だし!
    原作ではちょっと受け付けられなかった郁の暴走癖(?)も、漫画だとあまり気にならなくて。
    やっぱり絵でみると違うのかな。
    それとも原作が、有川節炸裂!で少女マンガ的ラブコメの王道を突っ走っているからこそ、こうして絵に起こしやすいのかしら。

    慌てて、2巻以降をネットでお買い上げしちゃったわ(*´▽`*)

  • 有川浩さんのファンで特に「図書館戦争」が好きだったので読みました。小説と読み比べて読むととても面白いです。

  • 基本読んだ小説を漫画にしたものは自分のイメージがあるので読まないのだが、映画・小説・アニメときたらもう漫画しか残ってなくて恐る恐る手をだしたが大満足!

    ここまで私のイメージぴったりで、ストーリーもうまい具合に編集されてそしてお話のスピード感も最高!

    郁ちゃんもかわいいけれど、堂上教官のカッコいいこと!
    いっきに読みたいところだが、まだ連載中ということでこれからが楽しみ。

全182件中 1 - 25件を表示

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする