超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)

  • 88人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (6)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 藤崎真緒
  • 白泉社 (2007年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592181606

超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 09.05.21購入 全2巻

    前作の『お素敵ダーリン』も読みましたが。売りました。
    そしてこれも、一度読めたらよかった。作品になってしまいました。
    絵が、変わったなぁ。

    大学生になった主人公と、受験生になった彼氏のいちゃらぶ話です。

  • 2巻です。2巻で一応完結。
    1巻ではせっちゃん(芹佳)の”で、できたかも?!”で終わり・・
    それが2巻の始まりとなります。
    でも読者はきっと<span style=\"color:#0000FF\">「青くん(大樹)に限ってそんなヘマしないって!」</span>とツッコミを入れたことでしょう。(私もその1人 笑)

    せっちゃんは青くんに言う前に自分で確かめようと一応奮闘するも・・ことごとく失敗Σ(^∀^;)
     失敗1.勇気を振り絞って病院へ行くと休診日だった_| ̄|○i||i
     失敗2.検査薬を買って使おうと試みるも、トイレにぼちゃん_| ̄|○i||i
     失敗3.もう一度検査薬を試みようとすると、とんでもない輩に奪われた_| ̄|○i||i

    そんなこんなで大変なせっちゃんとは別に、青くんも危機!
    生徒会の後輩(かなりカワイイ)がわかりやすいくらいに青くんが好きなんですが
    青くんはそれを察してさりげな〜くかわすんですね(大人だ)
    しかしその後輩ちゃん、文化祭準備で疲れて司書室で休んでる青くんの寝込みを襲うんですよ。
    (制服脱いで下着も取って迫るわけだ)(▼∀▼;;)

    でも目が覚めて気づいた青くん(やっぱし大人)に、
    <strong>「君の好きな俺って言うのは同情や色仕掛けで負けちゃうんだ」</strong>
    と言われてしまうわけです。

    後輩ちゃんは自分のやろうとしたことを思い知って愕然。
    ショックで泣き出したところに先生たちがたまたま(笑)司書室に来て青くんが停学くらうことになります。。
    青くんは何もしてないんだけどね〜(ーー;)

    今回読んでてつくづく思ったことは、
    <span style=\"color:#FF0000\"><strong>「藤崎センセの描く男主人公は大人だ」</strong></span>ということ。
    過去に読んできた藤崎センセのコミックの義王(瞳・元気)にしても、匡一(純愛可憐狂想曲)にしても暁(お星様にお願い)にしても。

    だってこのエピ読んで、「青くんは神か?」と本気で思った(笑)
    普通の10代男子だったら取りあえず手を出しそうな気がする、と書いては失礼か?
    いや、いくら10代でも気持ちのない子には手を出してほしくないのが本音ですが。
    あ、大人の男にもね・・気持ちのない子には好かれてても手ぇ出しちゃあダメですよ。
    (後で泥沼化しますよ〜)

    結果的には全てまる〜くおさまります。
    コメディはそうじゃないとね(笑)
    詳しくは書かないので、ぜひ自分の目で確かめてみてね!

    「超☆お素敵〜」は完結ですが、「お素敵〜」の方は月刊花とゆめで連載再開するかもです。
    詳しくは藤崎センセのHP⇒<A Href=\"http://members.jcom.home.ne.jp/maoniwa/\" Target=\"_blank\">真緒庭</A>をCheck!

  • 大学生編完結。思っていたよりサラッと話がまとまってしまい、結婚とかまでは話が進まなかったのが残念です; 主人公カップルのいちゃいちゃも少なかったですしね(苦笑) シリーズとして今後があるのかどうかが気になります。

全3件中 1 - 3件を表示

超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

超・お素敵ダーリン 第2巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする