月光スパイス (花とゆめCOMICS)

  • 219人登録
  • 3.70評価
    • (26)
    • (22)
    • (46)
    • (3)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 斎藤けん
  • 白泉社 (2008年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592181828

月光スパイス (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 最初の2本の話が好きです。カエル裁判はオチがいい!ハッピーエンド!

  • 同作者の『花の名前』が面白かったので。
    学園物だけじゃなくファンタジー描いてもうまいなあ、いいなあ。
    独特のほのぼの感があって読みやすいです。

  • やっと読めた! 美しくて残酷で優しい透き通ったお話ばかりで、読後感が素晴らしかった。斎藤けんさんの作品どれも大好きだわあ!

  • ファンタジーというよりは、メルヘンな短編集。
    この方の描く女の子は本当にかわいい。

  • どうも少女漫画は9割嫌いです。そんな私が何故ここまでバリバリ少女漫画にこの評価。好きだからです、斎藤先生作品が(証明終了)。
    「月光スパイス」この作品の印象がやたら強くて、どうしてこんなに覚えているのだろうと思っていたのだけれど再読して解った。私、これ雑誌で読んだ時に泣いたんだった。ぼろぼろ泣いたね。涙腺弱かったんだね。でも今回も泣いたからこれは仕様だね。
    森のジャイアン・黒豹とうさぎのアリス。ずっと一人だった黒豹が知ってしまったものは、誰かが一緒にいてくれる事の温かさと嬉しさ。誰かが笑ってくれる事の優しさ。あんまり一人が長すぎて、だから少しの優しさ嬉しさがとても大事だった黒豹が魔女の秘薬で願った事とその代償。食べなければ死んでしまうのに。黒豹は、とても懸命に願ったのに。
    ――表情がね、凄く好きなんだ。笑った顔、泣いた顔、悔しさに歪んだ顔、こんなに表情を豊かに描いてくれる作家さんがいる事に、喜びを感じる。嬉しいもの、凄く単純だけれど、最近の白泉作家さんが忘れがちの「表情」というものを描こうとしてくれている事が。本当に(口を開けて逆三角形にして「素敵な笑顔」言われても、萎えるし。眼、笑ってないしとか思うし)。豊かな表情と、「話」を読みたい人にはお勧めしたい。萌えは……ない。うん。

  • 一話目のどんでん返しが鉄板と言えども良くてとっても好き。

    かえるにされた王女を、王女に戻して、
    でもguiltからカエルにもどってしまった王女をキスで王女に戻す。
    あれれ?笑

    二話目、三話目はそこまで好みではなかったけど、
    いい話。ほっこりします。

  • 全体的に童話の世界に入り込んだような短編集でした。


    「カエル裁判」の、女の子の一途さが好き。


    一番好きだったのは表題作の「月光スパイス」でした。

    なにかを犠牲にしてまで手に入れたいものは、誰にでもあるんですね。

    犠牲にするものを間違わなければいいのに、とつくづく思います。

    後悔先にたたず?



    ハッピーエンドばかりで
    心が温まります。

  • 短編集。
    「君に天使の祝福を!」がすごく好きです。
    「カエル裁判」は本誌で読んだ話だったのでまた出会えて嬉しい。

  • 花の名前でのシリアス印象が強いのですが、ほかの作品を見てみるとギャグというかコミカルな作品も描かれるようで意外でした。

    個人的には斎藤先生の好きな方向性の話ではなかったけれど、初短編集で初期作品だと考えるとなかなか楽しめます。

    短編一つ一つが御伽噺のようで、その中で伝えたいことがハッキリしていたのが良かったです。

  • デビュー作にして表題作「月光スパイス」、カエルの女の子が恋をするために人間になった「カエル裁判」、強盗少年とシスターの逃避行「君に天使の祝福を!!」、お姫さまが単身森へ出る話「森とお城」の4作収録。
    自分は「君に〜」がこの作者に触れた初作品だったので思い入れがあります。コミカルさとシリアスの緩急が素晴らしい、大好き作家さんの一人です。 

  • 斎藤けんと言ったらもうこれでしょう…!!
    この本はデビュー作・投稿作の詰め合わせなのですが本当に素敵です!LaLaDX本誌で月光スパイス読んだ時、私にしては珍しくちょっと泣いてしまいました。

  • この人の他の話が好き過ぎて、逆にこの本はそこまで…って感じです

  • ろまんちっく軒

  • 短編集。びっくりするくらいどれも大好きすぎたのです。

  • 色々な話が読めて、お得な感じがします。
    斎藤けん先生の話は、どれも好きになってしまいました!
    私は、最後に掲載してあるウサギのアリスと黒豹さんの話が好き。
    (これが、デビュー作とは驚きました!!)

  • 短編集。
    この中では、「君に天使の祝福を!!」が良い感じでした。
    (08.07.09)

  • 表題作も切なくて良いですが、『カエル裁判』も可愛らしくて好きです。
    4作品の短編が入ってます。

  • 「カエル裁判」「君に天使の祝福を!!」「森とお城」「月光スパイス」
    御伽噺テイスト。どの話しも優しく温かく可愛らしい。

  • 短編集。ギャグ要素高いかな?

  • うううん。花の名前のイメージが強すぎて……。

  • 魔女もカエルもかわいいです。

全25件中 1 - 25件を表示

月光スパイス (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月光スパイス (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月光スパイス (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

月光スパイス (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

月光スパイス (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする