猫の街の子 (花とゆめCOMICS)

  • 390人登録
  • 3.76評価
    • (24)
    • (34)
    • (41)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
  • 白泉社 (2011年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592181873

猫の街の子 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たえさんが美人猫すぎて、特に猫好きでもない私なのにとてもきゅんきゅんしました。

  • しろが可愛すぎるし癒される。
    flatくらいの癒し効果。

  • 表紙の可愛さに惹かれて買いました。
    実の母親に置いてかれてしまった、しろちゃんの新しい母親になったのは美人猫のたえさん。
    猫耳フードを被ったしろちゃんが、猫みたいに生活している様子が微笑ましい。
    ほのぼのとした雰囲気の中にも、切ない悲しみもあって素敵な作品でした。
    これからも街の人たちに愛されながら、しろちゃんがのびのびと育ってくれるといいなぁ、と思いました。

  • ぬこ

  • 心温まる、ほんわかストーリー。しろが成長して大人になった姿とか見てみたかったなあ(´▽`*)

  • ほのぼのと、感動と。

    猫になりたい子ども、シロとそれを取り巻く優しい街の人たち。
    古都のような街並み。
    心がジーンとあったかくなった。

    シロや猫たちはかわいくて一威はかっこいい。
    そしてタエさんは最高。

  • 綺麗でかわいい、そして泣ける

  • みんな可愛くて優しい!何気ない最後の風景に泣けました。

  • 猫がたくさん出てきます。たえさんが美人です。

  • 八潮と三雲で謎の猫ブームが私の中で起こり、中古で衝動買い。モリエ先生なら外れはないだろうと。

    猫のようなしろの母親のしろを捨てた経緯には驚いたが、その理由の理由の描写が淡々として良い。決して母親の物語とせず、最後までしろといちいの物語として軸がぶれないのも流石。

    しかし私は犬派のはず…

全26件中 1 - 10件を表示

モリエ・サトシの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

猫の街の子 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫の街の子 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫の街の子 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫の街の子 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする