ゴールデン・デイズ 第3巻 (花とゆめCOMICS)

  • 819人登録
  • 3.84評価
    • (135)
    • (68)
    • (193)
    • (3)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2006年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592181989

ゴールデン・デイズ 第3巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 慶の登場でようやく物語が動き出したかな?
    同じ時代の人間がいるってどんなに心強いことだろう。
    嫉妬する仁がかわいかったです。

  • 大正時代にタイムスリップしてきたのは光也だけじゃなくて慶もだった!慶と再会した光也。改めてこの時代の慶光はどこへ行ったのか?という現実をつきつけられる‥。これから起こる関東大震災や第二次世界大戦…改めてこの時代は儚いなぁ…と。そんなに遠くない過去なんだけど、なんだか胸がいっぱいになった。

  • 面白かった

  • 再会の3巻。
    未来に起こることが、わかっているのに逃げられない、助けられない、ってほんとうにもどかしくて辛いな、とおもった。

  • 再読日:2012年2月24日
    従兄の慶と再会。しっかりしたお兄ちゃんが第一印象でしたが、
    猪木ネタを披露する等割とお茶目。
    仁の嫉妬姿が、一見しっかりしてても華族であっても
    まだまだ子供だなと感じました。

  • 傷が 残っても 動ける
    知らないこと たくさんの 俺の知る未来には 残っていないもの
    消えてゆくということ 感じられる温もりが嘘ではない ということ それらを いとおしむということ
    挑んでみたいんだ 歴史とか 運命とか そんな得体の知れないものを相手に オレのどんな力が 仁 お前を救うのか
    オレは お前の隣にっ 立ってんだからな… 二度と一人でなんか行かせねぇ…

  • 物語が進んだ印象

  • やっと話が動いてきた感。1・2巻に比べて読みやすくなってる。

  • *借り物*
    慶くん! 慶くん!!

  • 主人公と共にタイムスリップした慶が表紙・慶の登場。慶の発言で光也が今いる日本という場所、時代の今後の運命を実感します。現代からきて歴史の授業で習って来たことが現実に起こってしまう、人がたくさん死んでいく時代だということを 宴会で光也が撮った仁の写真。元のものと変化しています。「運命は変わったのだろうか?」

全32件中 1 - 10件を表示

高尾滋の作品

ゴールデン・デイズ 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデン・デイズ 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする