ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)

  • 694人登録
  • 4.02評価
    • (120)
    • (53)
    • (110)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2007年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182108

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • サスペンスちっく。
    慶、予知能力開花⁉︎

  • *
    【2015-6-2】
    整套全新已買。紀錄1下.
    是說這集封面好厲害XD(好奸詐XD!?)
    那個燈~~~~
    委婉地擋住~躺在仁腿上的光也>///<



    【2015-5-18】
    好久沒有遇到~看了後馬上想全新(!)整套(!)收藏的作品惹~~~!!!
    這就是所謂 心的撼動吧~!
    有種~感謝白泉社願意讓高尾滋連載這類作品(連載近4年呢!)
    也感謝鬼島長鴻很早就願意代理 並出版到完結!

    最近看的高尾滋鬼島最新刊《春青小婦人》也意外不錯
    (意外的是推理XDD 高尾也直說了~是向白羅~
     東方快車致敬XDDDD)

    以目前記憶來說~
    害羞忍者少年《てるてる×少年》是計畫收藏整套2手
    一起睡覺嘛《いっしょにねようよ》~最近會重租1次XD
    所以目前評價最高的是這部《黃金歲月》>///<

    很早以前就有注意這部~可是瀏覽時~好像感覺有點沉悶~?
    (是說高尾滋的作品~都不是陽光快樂單純向啦XD)
    (可是我閱讀時~卻有種被治癒的感覺XDDD)

    *

  • 少しずつ慶光の謎が解けてきたような…。叔父さんは果たして犯人なのか??そしてラストの節ちゃんの「一ぺんくらい本当のことを言ってみたらどうなの!」に対しての「好きだ」にやられた。も、悶えました。

  • 再読日:2012年2月24日
    常保叔父を疑ってから展開が進んで行きます。
    慶が長崎へ行く事になって一緒現代に戻れるか心配しましたが、
    慶光の予兆を聴いて喫茶店へ戻ったので一安心しました。

  • 誰かから大事にされる喜びだって 傷つけられた哀しみだって あたしたちせっせと食べてる  誰かを傷つける憎しみも? 人を好きになる幸福も
    いいか光也 人と人が 世界中で関わり合い なにもかもこの世の事象は全てそうして起こる それが 降り積もって 歴史に なって行くんだ 他人の人生を歪ませずに 生きて行ける人間なんていないんだよ
    僕はお前を信じている お前の中に 慶光を見つけたこと そして 目の前の親友を
    他人の不幸を 許せないお前が 自分の身に降り懸かる災いから 二度と逃げるな 逆境にある時こそ尚更に立ち向かう それは お前が教えてくれたことじゃないのか
    人の 気持ちを弄んで それこそが暴力よ!
    何か… お前 可愛いな

  • しんどい状況がどんどん進んでいく中ひとつのカップリングに決着が。そして関東大震災。最終巻品薄で見つからない…。

  • 光也がどんどん痛めつけられている気が・・・これも物語の終末に近づいているということなのでしょうか。7巻はなんといっても慶と節。胸が締め付けられます。最後のページいいです。

  • *借り物*
    物語りもいよいよ佳境に。

  • 年賀で着飾った仁と光也と百合子と亜伊子。みんなで写真を撮ります。光也が来たことでここでもまた、写真が元のものと変化しています。終盤に向かっていきます

  • 少年同士の友情を描くタイムスリップ大正ロマン。ラストに涙。全8巻。人におすすめしたい作品。とにかくこの作者の作品はぎゅっと胸をしめつける。

  • 歴史もので、前作(てるてる)と同様に、切ない作品である。うう。
    仁が仁が仁が!!!
    光也と関わっていくうちに変わっていく姿が好きだった。
    最終巻での彼は本当にかっこ良いなと思った。
    最初はちょっとええーな展開かとも思ったけど。
    読み終えてよかった。うう。切ない。

  • 「浅草十二階下」で負った傷も癒えぬまま、大正十一年の正月を迎えた光也は、仁と共に春日の本屋敷へ年賀に訪れた。しかし、そこで殺人事件の容疑をかけられてしまう!更に、その日、屋敷の近くで慶光を見たという情報がもたらされて…!?
    大正浪漫、第七巻!!

  • 光也が、どんどん危険な目に遭っていくようになってきてるんですけど、謎は解けるんでしょうか・・
    光也のおじいさん(光慶)の父母の事故死はしくまれたものっぽくなってきたし、仁と二人で危ない目に遭わないといいのですが・・
    慶と光也が現代に戻ってこれるのかどうかも心配ですが、慶はもし戻れるとしても、帰らないんだろうな・・ということになってしまってます。節はかわいいからなあ、仕方ないか。
    もうすぐ、関東大震災も起こるだろうし、そのときに現代に戻るんだろうか、などと思いつつ・・
    あらすじ:「浅草十二階下」で受けた傷も癒えぬまま、大正十一年の正月を迎えた光也。仁と共に春日の本屋敷へ年賀に訪れたのだが、そこで起きた殺人事件の容疑を掛けられてしまった! 更に、その日、屋敷のすぐ近くで慶光を見たという情報がもたらされて...!?

  • 7巻まで既読<1〜8>
    進んだようで進まないなあ。タイムスリップものは無条件で評価が高めなんだけど、これは6巻までが良かっただけに悶々。完結してから一気に読むべきだったかも

  • この作者の男女の絡みが本当に良い。靴を履かせるあれとか(父娘だったが)足の爪に目を奪われるあれとか思い出した。他の作家の似たシーンがあっても高尾さんが描くと密度が違う。他の誰にも真似出来ない個性。

  • 毎回発売日を心待ちにしている漫画の一つ。
    雰囲気が素敵。

  • あと1巻で全部解決するの…!?

  • タイムスリップものです。これを読んでいると、やっぱり高尾滋の作品が好きだな〜としみじみ思います。どうやら本誌では最終回を迎えているようで、ネットでちらっと感想を読んだら、切ないラストらしい。
    気になる…。

  • あわわ、これも買ってないじゃん

  • 071218
    画が素敵すぎる。とくに丸い瞳

  • 次巻が最終巻らしいです。
    うーあー。気になる。気になる。仁の友情を超えた愛情的なものがもの凄く伝わります。笑。

全23件中 1 - 23件を表示

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゴールデン・デイズ 第7巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする