なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 356人登録
  • 3.38評価
    • (20)
    • (35)
    • (132)
    • (3)
    • (0)
  • 37レビュー
  • 白泉社 (2005年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • (1~11巻までの総合感想)
    もう最高な作品でした。
    緻密なシナリオ、美しいイラスト。
    夢中になって読みました。
    もう少し恋愛面のラブラブがあったら尚良かったんだけど、それでも、この世界観、キャラクター、作者様、大大大好きです!!
    ずーーっと忘れられない作品になると思います。
    それほど深く心に刻まれた作品でした!
    感動をありがとう!

  • 絵が変わってるー!
    みんな顔が違うー!

  • 瑠璃姫好きだな。

  • 瑠璃雖然擅長冒險,不過要靠交談勝過對方,還是缺乏經驗。遇到煌公主這種犀利陰險的老狐狸,能這樣對抗已經是很大的進步了~。

    瑠璃母親這級的份量很大哩。

    這套<新婚篇>還真的重點都在瑠璃與高彬@@ 之前的《瑠璃公主大冒險》主角一樣瑠璃,不過高彬倒不一定每話都份量很大(甚至有沒出場的時候~?),愛情戲也還好,冒險與政治鬥爭倒比較強。

  • 原作は十年以上前に読了。漫画の連載が炎上編前で切れているのは山内直実がギブアップを申し出たためと聞いていたので、いまさらの仕切り直しを快く思わなかったのもあってしばらく読むのを躊躇していた。どうせ漫画版を最後まで描くなら、氷室冴子が生きてる間に終わらせて欲しかったと思ったし。

    表紙絵のデッサンが狂ってるように見えるのも再開後への不安を煽っていたのだけど、それはただ描き慣れてなかっただけのようで時間が経つにつれて絵はこなれてきてる。表情の豊かさや小説の描写を漫画にした時の流れの巧さ、やはり感情の起伏の激しいキャラが多い氷室冴子作品を漫画にするのはこの人でなくては、と思わせる(山内直実はこういう評価が嫌で描かなくなったのかもしれないけど、こういう巧さもかけがえがないものだ)。

    絵の変化については、時間がたってるから仕方ない(やっぱり絵が変わらないくらいの休止で再開して欲しかったとまたそこにループしてしまうのだけど)とはいえ違和感がかなり。特に瑠璃のやんちゃないたずらっ子のようなニュアンスが消えてしまったのは惜しい(山内直実は、あえて大人っぽくしたのかもしれないが)。高彬ももう少し線が細いと言うか、少年の頼りなさがでてもよかったんじゃないだろうか。守弥は表情がコロコロ変わってやっぱりかわいいですね!

  • 全11巻(人妻編のみ)。
    氷室冴子さんの「なんて素敵にジャパネスク」のマンガ版。
    旦那に勧められて好きになり、いつのまにか全巻揃えていました。
    活発な瑠璃姫と、堅物だけど頼りになる高彬が事件に巻き込まれていくという話。夫婦になった二人は、独身時代とはちょっと違って、それがまた新たな魅力になっています。
    何度読み返しても面白い作品だと思います。

  • まず絵が可愛くなってる~と驚き、おなじみのキャラの騒ぎににやにやです。面白い!

  • 漫画にはならないと思っていたので小説で読んでいたらまさかの連載。
    絵が昔のほうがよかったなー。昔の吉野君あたりの絵が一番好き。

  • 引き続き、好き。

  • 晴れて筒井筒の高彬と結婚することができた瑠璃。
    新婚早々、乳兄弟の守弥と宮家の煌姫が身分違いの恋人だと勘違いしたままの高彬の頼みから、守弥に恩を売るため、身寄りのなくなった煌姫を瑠璃の住む三条邸に居候させることに。
    そんな折、高彬への使いとして三条邸を訪れた守弥の前に現れた瑠璃は、それが吉野で世話した記憶喪失男だと知って驚く。
    ある日、高彬が実家で寝込んだとの知らせを聞いた瑠璃は、お忍びで見舞いに行き、守弥と再会。懐かしさから話をしていたところ、高彬が見舞い客と口論になる騒ぎが起こった。
    堅物で礼儀を弁えている高彬が口論をした理由とは?!

  • やはりこのシリーズは面白い。
    ふたたびコミックスになってよかった。

  • 小学生のころはまった「なんて素敵にジャパネスク」が、10年以上の時を越えて復活!
    このニュースを知ったときは、本当にびっくりしました。
    だって他のマンガも描いてなかったし・・・もう引退したと思ってました。

    多少変化はあるものの、やっぱり好きな作品です。
    人妻になっても瑠璃姫は大活躍。
    好きだった鷹男(あえてこの呼び方で)があんま出ないのが寂しいですが。

    氷室先生が生きてらしたら、番外編とかだしてくれたのかな〜と夢みちゃいます。

  • 連載が再開された時は年甲斐もなく
    「花とゆめ」を買いに行きました。

  • 婚生活はドキドキだけど、平安の都もワクワクがいっぱい☆ 謎の男や陰謀やら、ぶっとび姫君・瑠璃の恋と冒険は終わらないよ!! 

  • 前作も読んでました。

    氷室冴子先生の漫画化です。
    こちらのほうから入ったので、文庫は読んでません。漫画の世界で、ジャパネスクを楽しんでいます。

    人妻編が再会されて嬉しい限り。

  • 原作は読んでいないので楽しみです。
    まさかここにきて続編出すとは予想しなかったなあ。

  • 友達に借りたのがきっかけです。
    平安は好きだ。十二単も好きだ。

  • ジャパネスクの続き。平安貴族の結婚生活も興味深い。

  • 若い頃は瑠璃さんってかなりイッっちゃってるオバサンとか思ってたんだけど、今思うと彼女18とかだし、しかもかなりマトモよね(笑)高彬は当時からあんまタイプではないけど、今もイマイチ・・・負け犬タイプの心の琴線には響かん男らしいです。

  • なんて素敵にジャパネスクの続編。
    時は平安、元気でぶっ飛びの瑠璃姫と真面目で帝に忠誠心が熱い高彬が結婚に至るまでも、それはそれは大変で。人妻になっても、やはり何事も起きないわけがなかったという感じです。
    平安時代という設定だけでも楽しめます。
    わたしは、守弥が好き。あの狼狽ぶりがからかいたくなるのよねぇ(笑)

  • 話がしっかりしてるので分かりやすく面白い。

全37件中 1 - 25件を表示

なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なんて素敵にジャパネスク人妻編 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする