ペンギン革命 第7巻 (花とゆめCOMICS)

  • 282人登録
  • 3.53評価
    • (19)
    • (23)
    • (58)
    • (5)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 筑波さくら
  • 白泉社 (2008年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182474

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
筑波 さくら
有効な右矢印 無効な右矢印

ペンギン革命 第7巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 31-35
    最終回。

  • 最終巻。みんなで孤島に。藤丸、丘ようこを見つける。丘ようこ、舞台をやる。その後など。

  • 奈良崎さんとゆかちんがかわいい。

  • 友達の漫画。
    「藤丸は“かわいい”だろーが」の後の赤面になんかもう悶絶するしかなかった。可愛いのはそこの2人だ!(笑)
    3日間の舞台は涼、丘よう子のWキャストが決まり、ピーコックは所有する無人島で合宿を決行。ゆかりに歩み寄るツンデレ金田さん可愛い。
    ラストは少し急だったけど、10年経って夢が叶っても、まだカップルじゃないなんて!ヒーロー達の自覚だけで物語が終わったなんて、花ゆめ系でこんなことあり得るのかw10年間もプロポーズし続ける奈良崎さんは相変わらず。おまけの後の設定も漫画として読みたかったなぁ。

  • 全巻登録はしていませんが、1~7巻すべて既読です。
    ペンギン革命で印象が強いキャラクターはピーコック社長、丘よう子さん、そして綾織さんのお父さん。まあ『夢の階段』で涼や綾織さん、如月さんが演じての印象なんですが、ああいったエピソードには弱くて。安岡プロ社長の、行き過ぎではあるけれど、丘よう子への哀しい愛が原因で起こった事故はあまりにも痛ましい。誰の気持ちになっても、切なかったです。
    ラストはどうしても続きを期待してしまう終わり方でした。

  • 第7集:無人島合宿與舞台劇篇。
    丘優子完全沒變老真是太奸詐了XD 超長的空窗期,演技與魅力絲毫無減損~想到《暗河魅影》的夕黎~生了很多孩子後,卻仍是國中生面貌這樣XDD

    作者雖然有畫10年後,不過藤丸仍沒選擇和誰交往。(正常人應該會選奈良崎吧XD 十年了耶!! 每天都來打招呼!! 多感人的堅持啊!! 而且涼和綾織沒升學早就出國啦。) 藤丸輕易放棄財務省的高官(高一到社會人士,十年,工作大約三~四年了吧。)去當演藝公司社長。不過社長這安排不錯,很適合藤丸。至少比和某人結婚的完結來得好多了XD 因為後來進入三角關係,選誰都會造成漫迷分裂XD 所以很多作者會趨向三人和樂融融的生活在一起。雖然現實中不可能啦XD 越喜歡一個人,越會想獨占他。

    另外,這部主要角色的共通點是~都沒有母親!甚至連父親都沒有。

  • 全7巻

  • ラストが残念すぎる・・・・。

    打ち切り臭プンプン・・・・・

  • ぽややんな感じがとてもΣd(゚∀゚d)イカス!

  • 何度読んでも好きだなー

全29件中 1 - 10件を表示

ペンギン革命 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペンギン革命 第7巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペンギン革命 第7巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする