ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))

  • 987人登録
  • 3.45評価
    • (88)
    • (112)
    • (327)
    • (25)
    • (7)
  • 134レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2005年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182818

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それからの「ぼく地球」です。

    うーん、物語としては、可もなく不可もない出来です。
    いや、ちゃんと泣けるし、多分、いい出来なんです。でも、なんか、窮屈な感じをうけてしまいました。
    「ぼく地球」のキャラクター達の大きな物語自体は、やっぱり、「ぼく地球」で終わっているんだろうなぁと思いました。

    そして、次世代の子どもたちの物語をかいていくには、ちょっと、「ぼく地球」という世界の制約が狭い気がします。

    前世の人たちは、今にかかわってくるべきではないなぁと思ったりしました。もちろん、「ぼく地球」のときは、結びつきが強すぎて、かかわらざる得なかったのですが。

    今回は、ちょっとかわった親たちが、子どもたちにかかわれれば、それでいいのだと思います。

    そうして、それにあがいたりする子どもたちの物語なら、けっこう読みたいかも。

    蓮くんも、カチコちゃんも、いいキャラクターだと思うので。

  • 1-6巻はコミックスで購入し、最終巻は電子書籍で購入。

  • 大人の事情が複雑すぎる。
    読者サービスでお腹いっぱい。
    個人的には読んで良かった。
    「ぼく地球」とは絵柄も違うしかなりライトな内容なので、「ぼく地球」の世界を壊したくないという人は読むのに注意が必要です。

  • 懐かしいぼく地球メンバーとの再会!
    亜梨子はかーちゃんになって、怖い位にドンドン
    強くなっていっているなあ~。
    輪君とラブラブなのは見てて微笑ましいけど。

  • 私も年をとった。

  • 「ぼく地球 次世代編」主人公は全シリーズの主役2人の子供に交代。
    前シリーズの主要キャラ達に愛される男の子蓮くんと多分相手役(ヒロイン)はカチコちゃんを軸に動く作品ですね。
    複雑な生い立ちを持つ子供達がどの様に成長して行くのか、楽しみな(見守る)作品です。

  • ぼく地球とはまた別の作品と思って読んでみると良い作品だと思います。ただ、絵柄が変わってしまったのでそこが少し残念だったかな?

  • 全15巻。(シリーズ続編あり)

  • 全15巻
    ぼくの地球を守って・次世代編
    第3シリーズ「ぼくは地球と歌う」へ続く

  • 前作である「ぼくの地球を守って」の様な重苦しい話を期待して読んだ方には確かにがっかりかもしれません。
    ですがこの作品では「ぼく地球」では描かれなかったそれぞれのキャラクターの魅力な詰め込まれておりまして、私としてはむしろこの作品を読んだおかげで前作の「ぼく地球」を一層好きになれました。
    「ぼく地球」に比べればシリアスな展開は少なくほのぼのとしておりますが、話の面白さは健在です。オススメです。

全134件中 1 - 10件を表示

日渡早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))に関連する談話室の質問

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))はこんなマンガです

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))のKindle版

ツイートする