ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)

  • 483人登録
  • 3.52評価
    • (33)
    • (42)
    • (89)
    • (12)
    • (2)
  • 34レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2008年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182856

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 1-6巻はコミックスで購入し、最終巻は電子書籍で購入。作者による同人誌を読んでいるような印象だった。

  • 蓮はやっぱり2人の子供だね…
    円ちゃんは物語を動かすキーパーソンの立ち位置なのかな?彼女が物語を引っ掻き回す。
    輪っぽくなった蓮と新キャラの双子が出会い、新たな局面に物語が動いて行く。
    蓮(輪?)が言っている様に、戦争を容認し武器を売るという現実は可笑しく、愚かであり、矛盾している行為だよねぇ…
    戦争を反対しておきながら、容認している実態が真に奇妙である。

  • 2008年9月23日読了。

    また新たな謎が降ってきた。この子はつまり、8歳の頃の小林輪。8歳の頃の紫苑とも繋がってるのか? ある程度読んでて事情を知ってる読者にも謎が多いけど、蓮やカチコや円にもなんのことやらですがな。

    輝と美影、アヤシイけど面白げなキャラだわー(^_^;)

  • 読みたいと思いつつ、どうしても1冊ずつゆっくりしか進まないこのマンガ。何故だろう。やっと5巻まできた。前世の記憶に引っ張られて拗らせまくっていた輪くん8歳に影響されて、連くんに変化が。「次世代編」と銘打つシリーズだけれど、まだ輪くんのトラウマ引きずってて、いい加減輪くん幸せになってください、と言いたくなる。

  • この巻以降は未購入。

    続編はやっぱりよくない・・・という典型的なパターンな気がする。
    とくにESPに関してスポットをあてているせいか・・・鼻につくのは私だけ?
    大人って言うほど大人じゃないけども、それでも、なんだろう、この大人は駄目じゃない?みたいな感じがしてしまうのもな・・・残念

  • ○概要

    輪にもらった帽子からサイコメトリした“輪の記憶”にのみこまれてゆく蓮くん。その事実を夢で紫苑から告げられた直後、輪は蓮が病院に運ばれたことを知らされる。

    ○感想

    キオクノカケラが好きです。

  • 木蓮と紫苑が蓮をあやしてる姿に涙腺爆発するかと思った。もうつらいつらいつらいよぉ><

  • この巻から、ちょっと長い話にはいります。
    そして、やっぱり、長い話の方がおもしろいな。

    蓮が、かつての輪と同じ状態に。これは、いつの時代(?)のシオンとシンクロするかによって、変わってくるみたいです。

    その時、その時の気持ちが、消えていくのではなくて、とこか、空中に残っている感じです。

  • 買ってはあります

  • 蓮はいったいどうなって・・・?
    紫苑が出てきた?
    ちょっと暗い展開になる予感。

    2009.7購入  /  2009.7.11読了

  • てか倫くんが15歳のときの子供、だとかわりかしショッキングな設定です。

  • 賛否両論みたいだが私は好きです。
    ほわほわしているけれどまた複雑に糸が絡まり始めているみたいです。
    どう終わるのか、見ものデスネ!!

  • 自分の記憶が蓮に悪影響を与えているかもしれない――輪くんに「蓮を助けてくれ」と懇願する紫苑の姿が痛々しいです……。

  • 私が少女漫画を読むきっかけになった漫画「ぼくの地球を守って」の次世代編。
    略称は「ぼく地球(タマ) 次世代編」。
    前作のアリスと凛が結婚してできた息子が主人公。
    サージェスの木蓮と高い超能力を持つ紫苑の子供なのでもちろん能力は超一流。
    その主人公が起こす騒動を描いている。
    現状では、アリスはサージェスの能力を生かして歌手になり、凛はそのマネージャーとして国内・海外を問わず飛び回ってる。
    主人公は家でお留守番。
    根気よく全巻が出るまで待って、一気に読むほうがいいかも。
    前作も1巻ずつ読んでも、最初のほうは面白さが分からなかったから。

  • またしても紫苑の憎しみが係わってきそうです。もう開放されていて欲しかった。

  • ぼく地球の続編。
    ありすと輪くんとの間に出来た息子「蓮」くんがこの話の主人公です。

  • 5巻!名作“ぼく地球”の次世代版!
    やっぱりいぃvまた“ぼく地球”読みたくなる!あの切なさは何度でも味わいたい〜
    ただ大昔に売ってしまったから漫喫にいくしかないがorz

  • まさかそこに繋がるとは、な5巻。にわかに面白くなってきました。次巻に期待。

  • やさぐれ子供紫苑出てきましたw結局、長編になって来てる楽しみな期待

  • 前作に絡む大きなお話が始まりました〜。前作からファンなので今後、輪に関わる蓮や周りの人たちがどう変化していくのか楽しみです。

  • ちょ(笑)
    うっすら暗くなってきました。でも、蓮がそういう風に感じてしまうのは仕方がないことなのかも。両親に秘密が多いから、その欠片を拾ってしまうと悪い方へ悪い方へ考えてしまうのだと思う。
    輪の小学生当時の様子が少しだけ分かって満足です☆

  • 遂に次世代編本格始動。蓮はむかし輪が被っていた思い出の帽子を貰う。そしてある日、近くの神社で同じ帽子を被った半透明な少年と蓮はすれ違う。桜が舞うなか交錯する過去と現在。不安が渦巻く巻です。

  • 今度はチビ紫苑まで出して…。4巻でようやく“次世代”らしい話になってきたと思ったら、5巻でまた、前作を知らなければサッパリわからない展開になってしまい、残念だ。確かに戦争は愚かな行為だけれど、単なるいち小学校教諭を問い詰めて謝らせて何になる。輪のこういう性格が(蓮だけど輪が言わせているんだよな?)前作から嫌いだったんだよな〜。前作のファンだし続きは気になるので、6巻も買うつもりだけれど、あまりガッカリさせないでほしいものです。(2008-01-27)

全34件中 1 - 25件を表示

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 5 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする