ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)

  • 437人登録
  • 3.72評価
    • (33)
    • (41)
    • (52)
    • (6)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2009年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592182870

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 1~7巻まで読んだ。
    中学時代、リアルタイムで『ぼく地球(タマ)』を読んでた世代としては、
    物語の中心である次世代(子ども世代)のストーリーよりも、
    大人になった現世メンバーのその後とたまに出てくる月(前世)メンバーのエピソードの方が気になってしまう。
    続き、読みたいなぁ。
    実家にある『ぼく地球(タマ)』全巻も読み返したいわー。

  • ○感想

    カプつんすごいなぁ。
    超リアリストな彼が、目の前でテレポーションされたら信じるって言った直後にテレポーションされて、「…見事だ。…で?それが何か」って言う場面が好きです。その後の、「うん…個性的だ」も。
    春ちゃんすごいなぁ。「どーせバレるなら自分から」って…。

    あと、よんぶんのいちのたわごと。なるほどでした。
    「人間て余暇の間に『自分の為だけの時間』を満足出来るだけ味わえなかった時には絶対「忙しい」って言うんです」
    でもそれは、時間が足りないんじゃなくて欲求過多なんだと。これからの時代は「足りてる」ことに満足してそれを維持していくのが大事だ、と。
    あうう耳が痛い。しかし、資本主義とは袂をわかつ考え方のような気もしますが、どっかで折り合えるのかな。
    そんで紫苑さんの笑顔が見れてハッピーです。ずっと、彼に笑って欲しかったんだなぁ。

  • 紫苑にしろ、チビ輪にしろ、過去の記憶をサイコメトリーしたものなんですよねぇ。
    でも、その過去の記憶が、現在の状況によって動かされているとうのが、不思議です。

    だから、ラストシーンの紫苑が笑ったのも、本当に笑ったのではなくて、記憶が、今と響きあって笑ったという。

    それは、もしかしたら、今を生きている人間の思いこみかもしれない。

  • 「帽子の記憶」編、長いですね。
    いくら「ぼくの地球を守って」の続編だからと言っても、前世の事は決着がついている筈なのだから、なにも子どもにまで引きずらせなくても…、と思っていました。
    主人公の両親が輪とありすだってだけで、前世の事もサラッと流してたほうがスマートなのになぁ、と。
    でも前の6巻での未来路のセリフで納得いきました。すっきりしました。
    そしてカチコちゃんの能力を見て、受け入れたカプつんはオットコマエでした。かっけぇ。
    蓮と紫苑を無理やりにでも引き離そうとする輪は、立派な父親でしたね。
    誰かの記憶に振り回される事がなくなるくらいまでに成長するまでは…。

    それにしても。
    この物語の8歳組はみんな大人びてるなぁ。
    我が家のリアル8歳とは雲泥の差です。

  • 「ぼくの地球を守って」の主人公の子供が中心の話。
    でも前作から、なかなか抜け切らない感じ。
    買うのが途中で止まってます。

  • ぼく球ファンとしては買わないといけないシリーズ。
    ダーク倫くんを久しぶりにみてワクワク。
    もう7巻かぁ・・・

  • 買ってはある。

  • 久しぶりに怖い子供時代の輪くん登場。
    懐かし〜。
    親子でも蓮と輪は全然違うんだよなぁ。
    ラストの紫苑の笑顔が突然で、
    なんだか嬉しかった。

    2009.9購入¥105  /  2009.9.14読了

  • 賛否両論ですが、私は好きです。
    巡る運命を超えて、全員幸せになって欲しいなと。

  • 紫苑の満面の笑みに涙が出た…。
    ぼく地球の頃から読んでるけど、あんなに嬉しそうに笑う紫苑ははじめて見た…。
    紫苑と木蓮には幸せになってほしかったんだよ…。

  • 本家倫君対、倫君のこどもの戦い。でもそこの愛はあるのです。かわいいです。倫くんが良いパパになってます。

  • 輪がきちんとお父さんしていて、嬉しいですね。
    二人がラブラブで、これも◎
    紫苑の笑顔が見れたのが大収穫な一冊。

  • ぼく地球でなんとなく気になっていた部分の話が補完されるので、この続編は読みごたえあります。
    成長した輪くんの考え方でシオンをどう理解したのかとか。深いなー。好きだなー。

  • ぼく地球は私のバイブルなのです。気づけばボク月も7巻。吃驚だ。

  • こいうの読むとつくづく思うんだけど、次世代編とか長編の続編っていうのは結局、いわゆるオマケや番外編的なものであって、もともと作者の中では終わった話に後日談をつぎ足してるだけなんだよね。もちろんお話の中でも時間が流れていくから「続き」はあってもおかしくないんだが、その存在意義は果たしてどうなんだろうと思う。結局本編の設定を借りてその残り滓を薄めながら、だらだら続けていってるだけなんじゃないか。本編好きだし面白くないことはないが、書き手の矜持みたいなものはないんかなとちょい思う。

  • 帽子をサイコメトリして、すっかり昔の輪に心酔しちゃった蓮は……。
    この紹介が正しいかどうかももう。。。
    そろそろ多重世界に、解釈が必要になるかもです。

    内容はまさに輪づめセット。
    輪が好きな人には、まさにたまらないこの巻

    子ども輪と高校生亜梨子だあー!
    昔の無茶してた頃の仲間と第二世代って構図は
    すんげー萌える。どんどんやれ。

    蓮がいい感じに物語を引っ張ってくれて、
    いい意味で物語が安定してきた感じがします。

  • 『ぼくの地球を守って』の取り返せない辛さが蘇るので
    いつも切ない。

  • 大人・輪Vs蓮にとりついた少年・輪。アリスも昔の姿で出てくる大サービスありの巻。
    カプツンがいい子やね〜。
    輪がちゃんと成長してるのが嬉しいですね。

  • 本編も好きだけど
    4分の1スペースの、時間の話にすごく納得。

  • かちこちゃんを個性的だと言った時のカプつんがかっこいい

  • SFファンタジーなのにアットホームな感じw

  • 2009/3/20 16:00

全28件中 1 - 25件を表示

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクを包む月の光「ぼく地球」次世代編 7 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする