アラクレ 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 385人登録
  • 3.30評価
    • (18)
    • (39)
    • (167)
    • (5)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 藤原規代
  • 白泉社 (2005年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592183167

アラクレ 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花ゆめお家芸のひとつ主従ものは外さないなー面白かった! 翻弄されながらも決めるところは自分で決めるヒロイン格好いい。
    ラク様は格好良すぎて現実に支障を来たすレベル。

  • 母親を亡くしたさちえはヤクザである祖父の所へと引き取られる。そこで繰り広げられる…ラブありコメディありヤクザありの生活(・∀・;)テンポ良く進んでいくので、さらっと読めて面白い、そしてキュン(*ノノ)絵が綺麗なので、たまにある二頭身?やツッコミの一言が余計に面白く感じました♪

  • これ、出だしから面白いです。

    女手一つで育てられた主人公・幸千恵は
    唯一の肉親であった母親を亡くし天涯孤独に
    そんなところに、祖父となのりでた浅葱雷伊蔵
    この浅葱は、なんとその道の組長
    その孫娘にあたるのが幸千恵なのだそうだ。
    そして、そんな幸千恵の世話係につけられたのが、一見まともそうにみえる、さわやかイケメンの楽十。
    楽十は、とにかくいつも幸千恵の側にいて、意地悪いいながら守ってくれてます。
    この楽十、実は幼いことから幸千恵のことを祖父の雷伊蔵と見守ってきていたようで、幸千恵の忘れているところで、楽十ともいろいろ接点があるみたいなのです。
    姫を守るナイトなんて少女マンガ的には魅力的ですよね。

    なんだろうなぁ、いろいろ萌えシチュエーションあり、ナイトとして、いつもそばで護っていてくれ、また楽十もいろいろ背負っているものがありそうなだけに
    とっても物語に惹かれるものがあります。
    楽十がさわやかイケメンだけど、S的なところもあり、優等生で文武両道、それでいて裏社会で働いているなんて、謎めいていてそれがまたよくってね。
    それで、幸千恵もけして生い立ち的には苦労しているんだけど、筋の曲がっていることは嫌いで、物事もしり込みせずに突っ走り、性格も真っ直ぐで人の心の機微もちゃんとわかる女の子
    なかなかチャーミングだしね
    最初から面白く、どんどんのめり込めるので、この先も楽しめそうです。
    2巻にも期待。

  • 極道のお話でありきたりな感じだけど元気になる。

  • 全10巻

  • 全10巻 完結

  • ヒロインとヒーローのやりとりにニヤニヤする漫画です

  • 個人的にこういう設定のは見たことがなかったので新鮮でした。組という設定が…笑 最後まで楽しく読めたし楽斗と幸千恵の関係もうまくまとまってよかったです。 一言言うと…表紙と中身の絵のギャップが激しいかなって。表紙はすごい綺麗な絵なのに中身では少し適当な部分がちょこちょこ見えた気がします…。

  • 設定が、某「何せん」とかぶるけど、まあそれなりに^^

  • 天涯孤独となった若村幸千恵は17歳の高校生。そこへ現れた浅葱雷伊蔵なるヤクザの親分は祖父と名乗り、幸千恵は屋敷に引き取られる! コワモテの子分衆や世話役&美形の五十嵐楽十と暮らすことになった幸千恵は…!? ひとつ屋根の下の任侠LOVE!!

全49件中 1 - 10件を表示

アラクレ 第1巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

藤原規代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
福山 リョウコ
南 マキ
有効な右矢印 無効な右矢印

アラクレ 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする