お伽もよう綾にしき 第5巻 (花とゆめCOMICS)

  • 302人登録
  • 3.88評価
    • (36)
    • (31)
    • (41)
    • (3)
    • (1)
  • 24レビュー
  • 白泉社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183259

お伽もよう綾にしき 第5巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ※全5巻の感想をまとめてこちらに。

    1巻無料試し読みをして気に入ったので、続きを読むことに。

    単純な妖退治の冒険譚~というわけではなく、そこに政治的な思惑が絡んできたり、複雑な恋心や友情が潜んでいたり…で、とっても面白い!!
    そしてなんといっても絵が可愛い。時代設定(室町時代中期)がしっくりくるような、ちょっと懐かしい感じがする絵で、なーんか安心するんだよねぇ~。(´∀`〃)ゞ
    すずの護法のもののけ達も、シンプルな顔かたちなのにやたらと可愛いしw

    もちろんキャラクターも魅力的☆
    すずは優しくて芯のある子で、10年ぶりに再会した“ととさま”こと新九郎が「尊敬すべき一人の女人だ」と言ってたのも頷けるなと。((^ω^*)
    そして、そういうことをサラッと言えてしまう新九郎はかっこいいなあ。幼いすずを可愛がってくれた父親代わりとしての一面も素敵だった♥
    そんな二人を微笑ましく見守る(ちょっと嫉妬まじってる?)おじゃる様とか、時々いらんこと言ってしまう現八郎天狗などなど、賑やかで楽しいね!

    全5巻と短めなので、恋愛面はコンパクトなまとめ方…というか、これってまだまとまってない感じよね??
    当初は紫の上的な話にするつもりなのかな?と思ってたから、もっとぐるぐる悩むんだろうと思ってたし、そうやって二人の距離が徐々に近づいていく過程を楽しみたいな~と思ってたけど、すずが早々に結論に辿りついて大胆にも告白までしちゃったのには結構ビックリだった。Σ(゚v゚;)

    嬉しいことに続編があるようなので、次はそちらを読むよっ♪

  • 幸せな気分になれましたー。
    やっぱ、ひかわきょうこの描く女の子可愛いな~。
    それと、おじゃる様最高に好き^^

  • 相方が大人買いしたので、一気に読みました。全5巻あわせての感想です。
    よくもわるくもひかわきょうこワールド。懐かしかったです。
    相変わらず、つくづく、おっさんが描けないのだなぁ。おじゃる様あたりが限界か。

  • 最後はト書きのようになってしまったなー。
    ところで、別に11歳差でも、ミリアムとダグラスもけっこうな年の差だったような気がするぞ。

  • ちょっと後半尻すぼみっぽかったかなぁ、とも思ったけれども、一先ず完結お疲れ様でした。現八郎、最初みた時あのまつげバチバチのルックスに笑わされ、後半の新九郎とのやり取り時のうざさにも笑わされ。美味しいキャラでした。

  • 完結。

  • いい感じにまとまりました。

  • 第一部完結。
    黄船が案外、あっけなく逝ったなぁ。
    第二部に期待。

  • 彼方からも大好きです。どっちも全巻揃ってます。

  • 大団円。

    「彼方から」の二人も好きでしたが、この二人も良いなぁ。
    クライマックスでやや置いてきぼり感はあったけれど、
    落ち着くところに落ち着いて良かったー。

    次回作も楽しみ♪

全24件中 1 - 10件を表示

ひかわきょうこの作品

お伽もよう綾にしき 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お伽もよう綾にしき 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お伽もよう綾にしき 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする