龍の花わずらい 第6巻 (花とゆめCOMICS)

  • 330人登録
  • 3.80評価
    • (26)
    • (40)
    • (45)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 草川為
  • 白泉社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183389

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

龍の花わずらい 第6巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2011/10/19購入・12/17読了

    ルーとクーが結構活躍している巻でした。クワンが憎めなくなってきた。最終巻が気になります。

  • もうそろそろクライマックスなのかな~

  • 第27話~32話+おまけ
    真の黒幕登場
    黒い…黒いよ!

  • ああいう存在は、シャクヤだけなのかと思っていましたが……。
    そのあたりの世界観は、実は、けっこう見えないままなのかも。

    どっちとひっつくかは、決まった気がしますね。

    次巻で、最終回だそうです。

    重い空気でつぶれる虎がよかったです(笑)

  • 草川嬢がここまで有名になったのは、
    この作品のおかげではないだろうか・・・はて

    3角関係というドロドロになりそうな設定ながらも、
    いろんな感情が飛び交いつつもサックリみせる絵の魅力。
    センスが毎度のことたまらないです。
    身体に描かれていく花という設定も、すごくいいなー。

    ルシン派なわたしは、クワンにもいい感じにドキドキしつつ、
    ずっと報われないルシン、それでもやさしいルシン、
    健気でかわいいルシン・・・そんなルシンの最後を見届けられてよかったです。

    話が進むにつれて、ただ単にほのぼのしていられなく、
    むしろシリアスでやるせないこともあったりで、
    これからの自分とその相手を選んで、未来を生きる主人公にたくましさを感じました。

    草川先生の萌えラブ度を鍛えさせた作品なので、
    今後先生の作品にどのくらい影響されるのやら・・・期待します。
    でも、萌えだけ路線にはならないでほしいな(笑)

  • 花わずらいってなんやねんと本屋で気になってはいたんですが
    やたら密林がお前絶対これすきだろと勧めてくるので
    6冊全部中古で大人買いしてみました。


    …すきだった!!!!笑


    最初は読みきりだったということでちょっと物足りなかったんですが
    4巻目くらいから面白くなってきました。
    久しぶりに少女まんがでときめいた笑
    でも主要な子たちより、周りの脇役がやたらツボだったりします。
    モブ警察1とかモブ警察2とか。(いつの間にか名前ついてたりするし)
    だんだんギャグにパンチがきいてくるからだろうか。

    婚約者がダブルブッキングしている話です。
    真面目で最強だけどひたすら冷静冷徹なクワンと
    軟派で軽いけど意外と信用できるムードメーカーなルシンがおります。

    主役のシャクヤは最初ルシンと婚約していましたが
    婚約直後にルシンが事件に巻き込まれて死亡したと思われて
    後からクワンと婚約したらその5年後に
    ルシンが記憶喪失になって帰ってきちゃった的な展開です。
    もてもてなのは少女まんがの主役の王道なのでそこは気にしない笑

    シャクヤの腕にはそれぞれ薔薇と竜胆の刺青があるのですけども
    好きになると刺青の花が伸びてしまう体質なので
    1年後により花が成長してるほうと結婚します。それで花わずらいらしい。
    ちなみにクワン(竜胆)のほうが5年間分リードで長いです。
    …ルシンがんばれよ!(ぽん)

    クワン派かルシン派かといわれると
    いっそフュージョンしてクシンとかルワンとかになってしまうといいとおもう。(ひでえ)
    足して2で割ったらちょうどいいくらいに対極。

    5,6巻で急展開があって面白くなってきたとおもったら
    佳境に入ってきたという作者のポロリ話があってちょっとざんねんです。
    えっもうおわるの(笑)

    だんだん絵がかわいくなってくるのでそれもみてて楽しいです。
    少女まんがって目っていうより「瞳」ってかんじだよね。
    あの線が細いかんじがすきです。
    アクションは物足りないですがあんまり求めなければそれはそれでいいかな。
    最後両方ゲットとか美味しい話にならなさそうなあたりが良い。

  • ページを開いた瞬間、クワンとルシンのカットがあって、
    「ライバルから無二の親友とかになったら笑える」
    みたいな作者コメントが添えてあっていきなり悶えさせられた。
    ほんとに……そうなったら……いいのに……!

    5巻でクワンが裏切ったのでどうなるのかなーと思ってましたが、なんか曖昧ですね。
    裏切ったとはいえ完全に敵対組織に入ったわけでも無し、個人的に協力してくれるような場面もあったし、まぁこれくらいなら戻ってくることになってもそんな問題はないかな、と。
    私的には思うのですが、ヒロインの気持ちとしては駄目ですかね、やっぱ。

    でも正直ルシンじゃヒーローとして弱いと思うのね。
    三角関係はヒーローが同じくらいの立場にいないと成り立たないと思うのですが、今のところ断然クワンが有利じゃないか?
    ルシンが悪い訳じゃないんだけど、何というか……格負けしてるような(笑)
    物語として、ヒロインの隣にはクワンの方がしっくり来ると思うんだよね。
    あ、分かった、ルシンだとドキドキじゃなくてほのぼのになっちゃうんだよ。
    それはそれで成り立つカプもあるんだけど、このストーリー展開からすると、最終的には色々あったけど紆余曲折を経て最初から好きだった人と結ばれました、ってドラマティックなカプの方が有り得そう。
    ていうか、ルシンでいいなら今でもすぐ終われるじゃんねw

    と普通に予測する一方で、邪な視線で見てみればですよ。
    ルシンが受けにしか見えない。
    これが私がルシンを選べない最大の理由だと思います。
    そもそもヒロインと並んでいる姿に違和感を覚えてしまうのですね。
    ヒロインにヒロインが付いてるようなものというか。百合というか。←
    更にヒーローがいないとなんかバランスが悪いような気がするのです。
    この場合のヒーローは……やっぱクワンなのかなぁ。
    あ、6巻はトラたちが大活躍だったので、ルシンのナイト役は彼らでもいいかもしれません(笑)

  • ルシンがようやく(ちょっと)報われてきたので、★5つです!ずっとルシン派で良かったと思った!
    でもやっぱり不憫さが拭いきれないルシンなのですが、ラストのシャクヤでキュンとなりました…v

  • とても好きな漫画。展開がナチュラルにえぐいw

  • クワンめ!!ルシン派にとっては、チャンスですが…このまま上手くいく訳がない気がするので、喜べない。

  • 話は佳境に入っておりますが、やはりこの漫画の展開は好きです。ルシンもクワンも幸せになって欲しいなぁ。

  • シリーズ物なので評価するのもあれですが。
    こんなんなってもクワンが一番好きなキャラです。

  • ルシンの不憫度に切なくなります。
    このあとのちょっとほっとする展開は本誌で読んでますが、何度見ても切ない!!

  • 先が気になる〜
    って月刊誌では読んでいるんですけど(^_^;)

全21件中 1 - 21件を表示

龍の花わずらい 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

龍の花わずらい 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

龍の花わずらい 第6巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする