純愛ステーション (花とゆめCOMICS)

  • 83人登録
  • 3.63評価
    • (10)
    • (9)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 田中慧
  • 白泉社 (2010年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592183990

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • によによしてたまらぬ。

  • 鉄道で少女マンガってところに惹かれて買ったのですが、もうすごく可愛い話なんです。高校3年の姫野舞ちゃんが主人公。その舞ちゃんが恋するのが自分の最寄り駅、星河駅の駅員である國見さん。舞ちゃんも國見さんもお互いテツ同士で意気投合し、紆余曲折を経て付き合うことになります。
    この二人の恋愛過程を見ていると心が和んだり、きゅんとしたりとまさに純愛!
    私はテツといわれるほどではありませんがやはり鉄道には興味があるので、その鉄道と恋愛が絡んだ話ということでより楽しめたと思います。
    きゅんとした話が読みたい方、このマンガはおススメです!
    普通の恋愛だけどその普通さが良い、そんな話だと思います。

  • テツで制服フェチな美少女が主人公。
    ここまで自分の趣味全開にしてたら見ていて気持ちがいい。制服とかスーツとか確かにかっこよさを倍増させるアイテムだし、私服とのギャップもいい、っていう気持ちはすごくよくわかる! 國見さんかっこいいし魅力倍増でしょう。
    ふたりのほのぼのと温かい恋愛模様はとても可愛いくて微笑ましいです。

  • テツやフェチは理解しきれない部分もあるんですが……それでも応援したくなる二人です。ほのぼのとしてて、心も凄く温まります。

  • 可愛いのに『鉄』な女子高生・姫野舞が主人公。
    電車の車両や駅舎、汽笛の音も大好きで、しかも制服フェチ。
    毎日見かける駅員さん・國見晴が同じ『鉄』だったことから親しくなっていき・・・
    『鉄』やフェチであることを隠さず、素のままの自分で好きな人と向き合っていく姫野の姿がとても可愛くて好感が持てた。
    國見の我慢強さ(笑)や爽やかさも、作品を明るくしてくれている。

全8件中 1 - 8件を表示

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

純愛ステーション (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする