フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)

  • 2097人登録
  • 3.88評価
    • (382)
    • (141)
    • (492)
    • (3)
    • (1)
  • 197レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2007年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の頃から読んでいた漫画。

    昔は前半のどたばたコメディの雰囲気が面白くて、後半になるにつれてシリアスになるのが嫌だったけど、
    大人になって読み返すと後半の陰の部分に強く惹きこまれていくようになった。
    優しい言葉の一つひとつに泣きそうになる。

    不器用な夾がだんだん優しくなるのがいい。愛おしい気持ちになるラストが好き。

    もう一回読みなおしたいな。

  • 何度助けられたかわかりません。
    この漫画に出逢えたこと、そして高屋先生に心から感謝を。

  • 10数年越しの読了。
    いいお話でした。

  • 文句なしの★5

  • 今までこの作品を読まなかったことを本当に後悔、、
    言葉じゃ伝えきれないくらい感動しました笑

    いやなんかもう、全巻通して伝わってくるものが胸に刺さります

    もう一回読み直したら感じ方も変わるのかもしれないな〜(●︎´-` ●︎)
    いい話ありがとうございました‼︎

  • 長かったけれど、最後の最後では結局泣いてしまった記憶があります。
    「こんな設定ありなのか??」と思っていたのにすごかったです。

  • やたらいい話にまとまった!

  • 誰しもが何かを抱えながら生きている。
    それでも、人を信じ、人を愛する事だけはやめてはならないと思った。

  • 再読。
    泣けるし優しい気持ちになる素晴らしい作品だと思います。
    初めて1巻目を読んだ時は三角関係の話かな〜なんて軽い気持ちでページをめくっていましたが、そんな甘いものではない。

  • 再読日:2012年12月28日
    慊人が女性の姿で十二支の前に登場した事で、彼女の決意を感じました。
    そして今日子の最期と、夾と透の旅立ち。
    最後の最後まで目が離せませんでした。

    再読しても感じた事は、未読ですが「僕の地球を守って」の様に透の子ども達を中心にした話を、続編を読みたいという事でした。

全197件中 1 - 10件を表示

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

フルーツバスケット 第23巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする