空色海岸 第6巻 (花とゆめCOMICS)

  • 246人登録
  • 3.86評価
    • (24)
    • (22)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 山田南平
  • 白泉社 (2008年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592184928

空色海岸 第6巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ベンケイが死んじゃったところは心臓がぎゅーってなって泣けた。その後の話の流れはすきだったけど、やっぱり陸兄と朝に付き合ってほしかった

  • 好き!単純ですがビーチコーミングしてみたくなります:) ずっと前に実は出会っていた、っていうのベタですけど好きです。つながりが素敵です。

  • 『紅茶王子』の作者・山田南平のコミック。


    “クラフトショーも無事終了し、陸への想いに決着をつけた朝。そんな朝の姿に勇気付けられた天人は、母親との失われた絆を取り戻すための努力を始める。そして、ついに10年越しの想いを朝に告白するが!?運命のビーチサイドLOVEストーリー、感動の最終巻!!”―裏表紙より。


    ビーチ・コーミングが題材のお話です。
    海なし県で育ったワタシには、ビーチ・コーミング(浜拾い)って縁がないけど…。

    『紅茶王子』もそうだったけど、作者本人の趣味も兼ねてる題材だから、読んでて楽しい。ビーチ・コーミングにとっても興味がわきました。

    高校生に戻りたくなるような、まさに青春、ラブストーリーですね。
    主人公が紅茶王子のときとキャラがかぶるのと、キャラクター達の性格が、最初と最後でだいぶ変わってる気がするんだけど…この作者の絵柄が好きなので、まあよしとしましょう。

    ラストの展開は、ちょっと強引だったかな。ま、ハッピーエンドでよかった、よかった。

  • 桜井 朝は幼い頃に海岸で出会った男の子にメノウを貰い、次の日も遊ぶ約束をした。しかしその後その男の子に会う事は無かった。高校生になった朝は通勤途中痴漢にあい、学校関係者に助けてもらう。その男性が落としていったキーホルダーに思い出の男の子に貰った物と同じメノウがついていて...ってお話です。作者もあとがきに書いてたけど天人との想いが通じ合ってからのエピソードが少なすぎてちょっと残念です。お互いの気持ちが通じあうまでのエピソードももう少し欲しかったような...。色々あったからこそ、そこはもう少し見たかったなぁ。

  • 1〜6巻 完結 読了&再読済 いいなぁ 海で宝探し ちょっとやってみたいかもw

  • こういう漫画読むと、実家に帰りたくなる・・・
    懐かしいな貝拾いとか^-^

  • 犬好きとしてはベンケイを撫でる章子さんのシーンと船に乗るベンケイのシーンにはただただ涙。
    ベンケイかわいいよベンケイ。

    後は基本ハッピーエンドで読んでて楽しかったです。
    紅茶王子ファンとしてはもう少し杏里ちゃんに活躍の場を…!って感じです笑
    海ない県だから海岸で宝探しとか羨ましくて仕方ない><笑

  • 文句なし!
    巻数も適度で何度でも読みやすいし、内容が薄いわけでもないのでかなりお気に入り。

    天人の言葉にニヤニヤがとまりません。
    あとがきにあるようないちゃいちゃがもう少しみれたらもっと楽しかったのになw

  • もう少しラブラブがみたかったです!!

  • 面白かった〜!
    山田さんの描く主人公の女の子って、時々パワーがあり過ぎて引いてしまうことがあるのですが、今回は全く気にならなかった。
    兄弟に限らず、ミチルも朝に出会って前に歩いていく。全部がうまくいって、気持ちのいいラストでした。
    朝と天人のラブラブがもっと見たかったよ。

全13件中 1 - 13件を表示

空色海岸 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空色海岸 第6巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

空色海岸 第6巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする