俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)

  • 793人登録
  • 4.30評価
    • (93)
    • (63)
    • (34)
    • (1)
    • (0)
  • 49レビュー
著者 : 椿いづみ
  • 白泉社 (2010年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592185376

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 寒川、舞苑、桜田の3人が可愛くてたまらん…。

  • 第35〜39話+番外編「五条鷹臣のウィークポイント」+描き下ろし「東西南北 夏祭編」収録。
    再読。不良の鷹臣くんが教師として学校を改善させる理由が判明。テスト編の補習やプリント作成といい、鷹臣くんの影ながらの努力が凄い。テストといえば、真冬のノート噴いた。あれを受け取ってくれる先生優しいwww夏休み編(描き下ろし含む)は、東西南北の不良たち勢揃い。通常運行のアホばっかりで、見てて微笑ましい(笑)中でもドMの舞苑がほんま好きだわ〜。番外編は鷹臣くんと真冬の出会い話。真冬も舞苑ほどではないがMだよね……。

  • むっちゃいい奴発見!(涙)

  • 鷹臣くんが学園長とした『賭け』の本当の内容。そして佐伯鷹臣という人がどういう人物なのか。
    鷹臣くんと真冬の関係いいなぁ。鷹臣くんが真冬のこと気に入ってるのなんてわかってたけどね!でもやっぱ言葉でこうもはっきり言われると嬉しいです。

    後半は地元編と、待ちに待った『東西南北』のおまけ4コマ漫画です!
    地元編は、まずは表紙にもなってる桜田さんが活躍。彼のフェミニスト具合、本当にカッコいいと思います。たとえパンツが見えても。そのパンツがくまさんでも(笑)
    寒川はもう可愛すぎ…!真冬のこと大好きすぎてこっちが照れる…。子分たちとわちゃわちゃしてるのはやっぱり面白いですねー!

  • 賭けの真相と、真冬の帰省。
    由井くんがツボすぎる!

  • 賭けの秘密のタネあかしと夏休みの里帰り編でシリアス展開だったのが霞むぐらいみんなはっちゃけているのが良かった7巻。その中でも一番の輝いていたのが、寒川で「おれに いちばんに あいにきてほしかったのに」の台詞は、萌え死に値する。そして、桜田の女装の美麗さと…男の方がヒロインみたいだよwww学園生活の話も好きだが、みんながワイワイガヤガヤやっている話が一番好きかも知れないな。だから、この巻は大当たりな巻でした。

  • 【本日の桜田旭】
     「いいか? 女の最大の武器は上目遣い・伏し目・涙だぜ。女の闘いすんなら覚えておきな」

  • 桜田や舞苑といい俺様ティーチャーにでてくる不良は変わった人ばかりだな。桜田は女装していたけど、見知らぬ女の子達を助けたところかっこよかった。

  • 泣きぼくろくん可愛い!

  • 賭けにまつわる全ての事/真冬の里帰り/舞苑リターンズ
    巻末に、鷹臣くんと真冬の過去・番外編、東西南北4コマあり。

全49件中 1 - 10件を表示

俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

俺様ティーチャー 7 (花とゆめコミックス)のKindle版

ツイートする