はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)

  • 642人登録
  • 3.93評価
    • (70)
    • (83)
    • (66)
    • (9)
    • (1)
  • 61レビュー
著者 : 水森暦
  • 白泉社 (2011年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電子無料。絵が可愛い。前世の記憶設定も面白い。ただこのまま続くと年の差恋愛ものになってしまいそうなので、個人的には一巻ラストで完結で丁度良いな。

  • 前世の記憶を持つ女の子のお話。
    記憶がある故に恋に落ちたのか・・・にいな自身が恋に落ちたのか・・・
    その辺、ちと曖昧な感じはするけども。。

    再び、恋をした相手に好きになってもらおうと一所懸命頑張る姿が可愛かったです。
    前世の記憶があるから、実際年齢より大人びてますが、それも愛嬌(笑)
    15歳差もある恋愛も、これならありだな~

    にいなが可愛くて、篤朗が優しくて、前世の千歳の家族が素敵で。。

    優しいマンガです。

  • 途中、泣きそうになった。不二子さんかわいい!!

  • 篤朗には家族はいないの?

    「千歳」なんて名前なのに15歳で死んでしまうなんて、すごい皮肉だと思いました。
    誰もそんな泣き言言わないのでえらいけど。

  • 全4巻
    1巻と4巻に読み切り収録

    転生/年の差/成長

  • 前世の記憶がある女の子が、前世で恋人だった人に会い再び恋に落ちる。
    小さい女の子が、前世の記憶があるからかかなりしっかりしているように見える。
    初めは年の差という設定にひかれていましたが、この漫画はそれだけじゃないです。女の子の頑張りがとても良い。ついつい自分のことは後回しで周りの人を助けてしまうところも好感がもてる。
    恋人だった篤朗が、そんな新菜を見ていくうちに亡くなった恋人を思い出していく様が良かったです。重ねるのではなく、彼女なのか?と感じるところが。
    当初は一冊で終了の予定だったため二人の将来が巻末におまけとして書かれていますが、二巻からは北海道にいった新菜のこと、結末に向けて二人がどう歩んできたのかが書かれています。

  • 主人公の新菜ちゃんが前向きで力強くて可愛い。
    年の差カップルではあるのですが、精神年齢が15歳+αになっているので、年の差は特に感じ無かったです。前世の記憶が詳細にありすぎて新菜ちゃんの人生を喰ってしまっているのが気になりますが、仄々とした可愛らしい恋愛ものになってます。

  • 頭の良い幼女が大好きだああああ!
    健気なのが更にイイです!
    どうか幸せになっておくれ。

  • 前世で好きだった人ともう一度恋に落ちる物語。

    最初は15歳の年の差て、どうなんだろうと思って
    たけれど、全然ありだなと!(笑)

    新菜もかわいくていい子だし、篤朗もかっこいい人*

  • 新菜ちゃんが前向きで可愛い子でした。篤朗に前世の記憶があることを秘密にして自分を好きになってもらおうと努力するところが良かった。

全61件中 1 - 10件を表示

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする