花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 449人登録
  • 3.58評価
    • (37)
    • (54)
    • (99)
    • (6)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 音久無
  • 白泉社 (2008年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784592185512

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • ふと思い立って読み返し。はなちゃんカワエエ。

  • 地上(人間界)へと引越してきた大悪魔・ビビ。ある日彼は、屋敷の前で捨てられていた人間の赤ん坊を暇つぶしにと育てることにした。「はな」と名付けられた少女は満面の笑みを浮かべ毎日花を届けるほど、彼にとても懐くようになる。しかし彼はいつも彼女を遠ざけていて──。
    第1〜5話収録。200歳の悪魔が、14歳の少女に振り回されつつ愛を深めるはなし。青年×少女の恋愛モノ、しかも無愛想な彼に無邪気な少女が猛アタックするという大好きな設定に飛びつきました(笑)確か雑誌で3話辺りを読み1巻発売日に速攻で買ったような。登場人物の洋服可愛いのも好きな理由です。2話の、ビビがプレゼントしたはなちゃんのドレスは特にお気に入り。3巻辺りで顔のバランス等が雑になったことは非常に残念ですが、はなちゃんの無邪気で真っ直ぐな言動にビビが振り回され続ける様子は見ていて微笑ましくて大好きです。

  • 全10巻。(27.2.25)
    ビビとはながお互いに好きすぎてたまらない感じが好き。
    単純すぎず、深みも残っていておもしろかった。

  • はなとビビの関係にのほほんとする。
    はなの成長が楽しみ。

  • 人間の捨て子を悪魔が拾って育てる話。


    もう花がアホ可愛い!アホ可愛い!!
    寿命の違いとか種族の違いとかいろいろ悩みつつも
    好き、好き!って言うのが可愛い
    とにかくアホなのが可愛い

  • 花とゆめで途中から読んでいたのですが、
    我慢できなくなって手に入れた作品。

    最終回がとにかく綺麗。
    最終回を読んでから読み直したら、
    また違う視点で読むことが出来ると思う。
    最初から最後まで、まとめ読みしてほしい作品。

  • おもしろい!こういうお話大好きです。
    なんとなく手に取ってみた自分をほめてやりたい。

  • 魔界もの好きです。
    はなはまだまだ小さくてかわいい。
    ビビがお父さんみたいな感じ。
    初めて読んだのは、雑誌を買って、ハロウィンのところ。
    この話だけ読んでこの漫画集めようと思いました。
    ずっと読んでいってるけど、やっぱり面白い。

  • 花と悪魔 全巻そろえました。
    一番、面白かったのは、この第1巻でした。

  • 【2014.12.5】
    整套已購入~紀錄一下。


    【2011.5.15】
    雖然設定很簡單~惡魔與人類小女孩,男女主角名字更是簡單到不得了的地步:BB和花兒,卻意外地還不錯看耶!200歲的公爵和路邊撿來、已成長到14歲的花兒,幸福又溫馨的,且不會像《新娘16歲》那樣很黏膩卻沒啥劇情的無力感,應該是梗鋪得好的緣故吧。

    故事是光源氏和紫之上XD

    BB表面上常生氣,其實超寵花兒的啦XD

    很厲害的新人,才第一本單行本,除了花兒的臉有點扁以外,畫面已經很成熟,背景、效果和情感表達都沒有甚麼意見。彩稿是CG,第一二集普普,第三集ok。

  • ビビもはなもだいすきだー > <
    最後はくっつくってわかっててもじれてじれて.. 久しぶりに夢中になって徹夜で読んでしまいました苦笑

  • 魔界に嫌気がさして人間界で気ままに暮らしていた大悪魔のビビが、気紛れで拾った赤ちゃんをはなと名付けて一緒に暮らし始めます。

    花に触ると枯らしてしまうビビが、はなに触れるとはなが壊れてしまうのではとなかなか触れられない。いっぽうはなは、ビビが好きで触れて欲しいと思っている。なんかもどかしいけど、いい感じのお話でした。

    ビビはまだ、はなには恋愛感情というものは持ってない感じですが、14歳のはながこれから大きくなって、17歳くらいになったらどうなるのか、楽しみです♪

    ビビのぶっきらぼーなところもいいし、フェルテンやトーニといった脇役も好感度が高い。
    新人さんのようですが、絵もきれいだし、次巻に期待です。

  • なんか可愛かった…キャラも絵柄も可愛い。
    しかしはなちゃんのドレスが個人的ツボ。

  • 大悪魔・ビビが人間界に居を構えて二度目の冬。彼が屋敷の前で拾った人間の赤ちゃんは、花のような笑顔を見せることから、“はな”と名づけられ、大切に育てられました。そして、はなは14歳になり、少しずつビビのことが気になるお年頃になったのですが…!?

  • 最悪最低級。何もかもが中途半端で特にキャラが不快。是非とも「14才の莫迦」に改題してもらいたい。そこまで言いたくなるほど余りに幼稚な主人公と周囲。ここまで不快になったのは久し振りだよ。感情的すぎる文章です。


    本格連載第一話目、起承転結の起の部分で、絵もキャラも見せ場(表現力)も台詞のセンスも、承の部分で何よりも話とテーマ性が欠片も微塵も全くさらさらない(否定重ねすぎだ自分)事が判明する作品ってどうなの。起承転結の前二つの地点で既に作家の力量が見通せる作品ってどうなの。――最後まで頑張って読んだけれどね!
    というわけで最初の段階で既に駄作認定やねん……何で漫画を頑張って読まなくちゃいけないんだよ……。単行本の方の最初の一話――読みきり時作品――も頑張るのをやめて起承で終えた。根性なし。――いや、これを読みきる根性なら要らない、っていうか本格連載第一話目で、その前の読みきり・集中連載を前提にして二人の関係性とかを一切説明していないのは致命的。雑誌時、柱のあらすじ読んで確認したもの。単行本でのまとめ読みを前提にしていたのか? ……いやらしいな!!(まぁ、新規読者を掴まなきゃいけない本格連載一話目のパターンと読みきり時のパターンがほぼ同じって、そりゃねぇだろう……)。
    何と言うか、キャラも話も何処かで見た事あるものばかりをツギハギして作った感じ。転の部分なんて、最早世界四大文明遺跡並みの古臭さ。古いものには古いなりにいいものがあるんだけど。所謂王道ネタを掻き集めてきただけで、そこに一貫するテーマも何もない為に深みも広がりもない。
    えてしてすっからかん。これをしても土台が確りしている人は独自性が失われないけれど、この人はそれがないからオール借り物状態デジャヴの嵐。あ、これはな(主人公1)そのまんまじゃん。テーマが「すっからかん」だったらものの見事に表現出来ているかと。以下すっからかんで莫迦としかいいようがない言動の一部。

     1:転びそうになった自分を折角支えてくれた人が、
     2:ビビじゃなかったからといって顔を悲しそうに歪め、それだけなら兎も角
     3:お礼も言わずにビビ、ビビ言って探すだけ

    …お前エドはるみに礼儀作法学んで来い。一秒で見放されてそのでかいだけで虚ろな目玉をグーグー押されて来い。
    カラーが綺麗でおっと期待したらモノクロが駄目すぎた。カラーだけだった。それも見慣れるとさして魅力はない。
    14歳ってあんなに莫迦なのか、莫迦なのか!!? それとも編集と作者と以下略が莫以下略。「馬鹿のように」とか何今風の言葉遣いして誤魔化しているんだよ、「ように」要らないよ、莫迦だよこれ(酷い言い草なのは承知)。何でこれを連載してしまうのかなー。本当、連載第一回の時点で最終回でもよさそうな話。これ読みきりシリーズじゃないんだぜ、「連載」なんだぜ。なのに話は毎回毎回「はなが不安がる+ビビ登場=二人仲良く円満解決」×話数。何この仏陀も真っ青輪廻転生的ループ&ループ。アジカンか。消してリライトしてくれよ。別人が。

    せめてはなが七歳児なら、ビビの子供育成日記で良かったのに。
    「大人の男」と「幼女」という関係と捉えて萌えるのもアリかもしれないね。でもね、14歳は幼女じゃないから。勘違いしないで、幾ら中身と外見が幼女並みだとしても、それは「幼女」である事になる説明にならないから。
    でもそういう「関係萌え」「キャラ萌え」だとメディア展開が容易だから楽だよね、作者も出版社も。話を作る必要性もテーマを考える必然性もないのだから。末永く残る作品を作り出そう、永く愛される作品を作ろうという意志が見られないのは、まぁ出版社に限らず作者もで、また読者もそんなもの求めなくなってしまっている時代なのかもしれないけれど。一過性の欲望と欲求。何て薄っぺらな世界。

    ビビとずっと二人で暮らしてきたから世間の事知らない、すれていない純情少女なんだよ★って説明を付加しようにも、救いきれない莫迦だしな。純情と莫迦を混合させたらアカンよ。
    舞台の設定的にこれ義務教育とかどうなんですかね。なんちゃって現代日本ですか、そうですか。取り敢えずなんちゃって日本が舞台でも言いたい。教育ってのは子どもの権利じゃない、親の義務なんだって知らないのか? この時点で親代わりも養育も糞もない。まともな教育一つ礼儀の一つも教えずに食事させてるだけで「育てている」とか勘違いしてるのか? このビビとかいう悪魔なんだか吸血鬼なんだか解らない、この無駄なオリジナリティーが作者の知識の乏しさを露呈する結果にしかなっていないという最低クラスの質の悪い悪魔(byバタイユ)は。まぁコイツも結局莫迦の一人だから仕方ないか。結論。作品内人物総白痴化。大宅も泣くよ。

    少コミ系じゃないのにここまで毒吐いたの初めてかもしれないな。長文なので改行も多め。使いようによっては面白い設定をこれ程まで内容ないものに仕立て上げるその手腕は反面教師ともいえようか。
    今後に出てくるだろう恋愛フラグの為にこの年齢にしたのだろうけど…こんな農薬たっぷりのニンジンに馬鹿面晒して食いつくほど初心じゃないもんでね。逆に萎えた。

  • 1巻はすごく楽しく読んでたんだけど・・・
    3巻くらいで買うのやめようかと思いました

  • かわいかったけれど売ってしまいました。
    ハナが好き。天然な感じの女の子はいい。

  • 1〜5巻 だらだら続くのではなく、波があるのが魅力

  • 悪魔が人間の女の子を拾って育てるお話。少女マンガってどれだけ頭がお花畑になれるかが勝負だとおもう。エロもグロもなくってかわいいものであふれてるこれってかなりレベル高し。

  • ここ最近一番ひっとです☆

    かわいいかわいいお話でほわほわ☆

  • うん。好きデスヨ。

全43件中 1 - 25件を表示

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連するまとめ

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花と悪魔 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする