いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)

  • 695人登録
  • 4.11評価
    • (84)
    • (83)
    • (50)
    • (5)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 高尾滋
  • 白泉社 (2009年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185642

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
青桐 ナツ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 09.01.15 購入・読破

    体調が悪くて休載していた高尾滋さんが、月1ペースで連載を再開しました。
    よかったよ~。
    体調が悪くて……とかあると、トリニティ・ブラッドを思い出します。「体調が…」とかあとがきに書いてあったと思ったら、お亡くなりになってびっくりしました。そんなことがあるので、「体調が…」とあると、びくびくします。
     
    話は、古白の過去が明らかに!!……予想以上に壮絶な子供時代ですね…花ゆめとか雑誌で浮いてるんじゃないだろうか、この話…。

  • 感想を書くために再読。1巻と比べてほのぼのしているので安心して読みました。10〜11話は古白の過去なので暗いですけれども。哀しい過去だ…一子に母親としての愛情を求める気持ちも分かる。6話がお気に入りです、手作り仮面が可愛い(*´ω`*)7話の五円強盗話も良いですね〜、珍しく古白が格好良いんですもん!(笑)

  • 再読日:2012年2月27日
    古白の仮面を付け始めた理由が判明。
    一子は甥に対する罪から手を伸ばすのは許されるのかと自問してますが、
    元々一人でこなさなければという思いが強過ぎるのかな、と感じました。

  • あれだけのことばで 人って体をはってくれるもの? 嬉しすぎて びっくりしたよ…
    ”理不尽って さみしいってこと?”
    ”本当に?””僕が優しかったらそれで 他になんにもいらないの?”
    笑っててほしかったんだ

  • 僕が優しかったらそれで 他になんにもいらないの?





    古白の子供時代が明らかになる。
    子供って、異端を迫害するよねぇ。そりゃーもう、大人より大胆に、だけども根深く、陰湿に。たかが子供ってイジメだろと言ってしまうのは簡単だけど、でもそれが子供のほとんど全てなんだもん。優しくしてくれる大人に縋ったって仕方ないよ。ただ、縋った人にも色々事情があって、古白はその人の笑顔を優先させただけのこと。
    とても優しい子なのに、やっぱり気付いてくれる人なんてなかなかいない。世界なんてそんなものだ。
    古白が一子と出逢えて良かった。自分を認めてくれて許してくれて受け入れてくれる人がいたら、きっともう、それだけで救われる。

  • 第二巻。

    今回は古白にスポットが当たった話。
    やっぱり目が印象的だなぁ。
    寅二郎くんかわゆす。

  • ラブコメですが、コメディと人間の薄暗い心情描写の落差が絶妙すぎて笑うに笑えません。
    古白の母ちゃんには胸がうっ、てちょっとなりました。
    この人の描く表情はほんとそうなる…

  • 一子を受け止める時のあのセリフが好きです。そして泣き疲れて眠る一子がいい。あと「かならず助ける」と言った春香がいい。何か見直した(?)
    古白の過去のお話もあり。

  • 各キャラクタの置かれている状態は非常に厳しいものですが、優しい絵柄とストーリーで癒されます。

  • 古白のやさしさに泣きました…

  • 思ったより重たかったけど、おもしろい^^

    いちこぉお幸せになれええ^p^

  • いちこ、かわいいよ。君は幸せになるべきだ。
    ていうか家事してるいちこの姿がなんとも(*´ω`*)
    古白のために恥ずかしさをしのんで古白の大事なお面を取り返してもらう姿。古白を叱る姿。古白と仲直りするいちこ。ああ愛しい。

    古白の過去。
    おめんにまつわるお話。
    古白の不思議なチカラ。
    古白のお母さん。
    2巻はそんなかんじ。

  • 絵がすき。ことばがすき。

  • 「理不尽って さみしいってこと?」
    「そんな離れたところで 泣かないでよ」
    「なんにもいらないと言う子に どうしたら笑ってもらえるのかな」
    「愛されたい ただ 無償の愛で」
    「さみしい」

  • 大好き高尾先生の作品☆
    絵柄が少し変わられたけど
    特に気になりませんでした。
    やっぱり、この世界観!
    素敵です(´ω`*)

    3巻が楽しみです♪

  • 一子と古白のままごとのような触れ合い。
    今のところ、そこそこ親しく、そこそこ幸せそうに見えるのだが、いつか劇的に変化する日が来るのだろうか。
    その辺りが垣間見えたら、もっと続きが楽しみになると思う。
    もうちょっと物語に大きなうねりが欲しいところ。

  • 高尾さんらしい作品だなと思う。
    恋愛的要素と家族もの要素がきれいに入っているというか。
    ほっとする。
    いちこちゃんの大人びた部分と古白くんの子どもっぽいところ、ふたり足して2で割るとちょうどいいかもしれない(笑

  • ちょっと恋愛要素が入ってきて面白くなってきた。3巻も楽しみ。

  • 09/12/20

    この続きは一体どうなるのか。
    問題児ばかりの共同生活。それぞれに心に問題を抱えていて。
    あらすじと内容がかけ離れているとは思うんですけどね。

  • 今のファミリードラマ調でも充分楽しめますが、恋愛的に動き出すのも首を長ーくして待っていようと思います。作者さん体調崩されていたとは存じ上げませんでした。ご無理なさらず末永く描き続けていってほしいです。

  • 新刊でないなぁと思っていたら、体調を崩されていたのね。

    2巻を読んで改めて不思議な話だと思ったり。人形芝居の方が好きだけど、嫌いなわけではないってところかな。一応3つで。

    そして最近、自分と縁ある名前のキャラクタが増えたような・・・。

  • あー気になる続きが凄く気になる。
    特に仮面の下の素顔が!!

全29件中 1 - 25件を表示

いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

いっしょにねようよ 第2巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする