花咲きカノン (花とゆめCOMICS)

  • 155人登録
  • 3.57評価
    • (8)
    • (12)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : ふじつか雪
  • 白泉社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592185796

花咲きカノン (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 2012/10/15購入・11/25読了。

    【花咲きカノン】
    女子高生作家として売り出している少年が、叶わぬ恋をする少女に心惹かれるお話。思わぬ続編で驚いた。

    【砂の丘のライラ】
    思いの裏返し。頑張れジオ。

    【イバラの魔術師】
    信頼が大事

    【トリッキィ】
    グライツのゴーグル見にくそう。

  • ふじつか雪さんの短編集です
    個人的にすごくおすすめ! 応援中の作家さんです

    表題作の花咲きカノンは現代モノというか、学園モノですが
    全体的にはちょっとファンタジー系の作品が多めです
    というか、4作中3作はファンタジー系でしょうかね

    どの作品も好きなので甲乙つけがたいところがございますが、アラビアンファンタジー風の「砂の丘のライラ」という作品を個人的にはオススメいたします

    どの作品を読んでも、ほんわかと優しい気持ちになれるものばかりです

  • 表題作の他「砂の丘のライラ」「イバラの魔術師」「トリッキィ」収録。
    1番好きなのは「イバラ〜」。"男二人が主人公"というのがいかにもBLぽい設定で嫌でしたが、切ない話を好きな私が、アサギの手紙の場面に惹かれない訳がなかった。また自分の信念に真っ直ぐなエナが好きです。二人が再会できると良いな。「トリッキィ」に登場するレオンの横顔、『金魚奏』の雅生さんに見えてキュンとした(笑)ふじつかさんのいう通り読みづらさがあるものの、オチが良かった。作品と関係ありませんが、今回サイン本が買えて良かった♪

  • 表題作が一番好き。

  • 女子高生純愛小説家桜あやねの正体は、なんとチャラいと噂の男子高校生佐倉文音だった。
    しかし、小説の内容とは裏腹に、彼は現実の恋愛には希望を持てずにいた。
    そんなある日、佐倉は親友の妹美鈴と出会い…。
    表題作「花咲きカノン」他3編を収録した読み切り集。

    現代ものもファンタジーも入っているので、色んな世界観をた楽しめます。
    私が特に好きなのは「花咲きカノン」と「砂の丘のライラ」かなぁ。
    前者は最後の詩が良かったですね~。佐倉くん恋の花を咲かせたよ!(笑)
    そして後者はジオくんの見事な成長っぷりがステキ。主人公がニブちんなオチも良かったです(笑) でも「うん」って頷いちゃったよ!

  • 安心して読める作者さんなので作者買い。表題作は本誌で読んだ。後は初読み。表題作とライラが好き。続きが読みたい。みんな可愛くてキュンキュンする。表題作の哲平とかいいw

  • 「花咲きカノン」と「イバラの魔術師」がお気に入りです。
    「花咲きカノン」は女子高生純愛小説家である男子高生の佐倉文音が可愛い。チャラいようですごく純粋な彼に幸あれ。
    「イバラの魔術師」では昔話の「泣いた赤鬼」を連想しました。いつかまた二人が出会うといいな。

  • イチオシは「イバラの魔術師」。

  • 【NDC(9)】 726.1
    【請求記号】 726.1/フ-9
    【登録番号】 11559
    【資料ID】 1001011559

  • ふじつか先生の読みきり集です。女子高生純愛小説家・桜あやねの正体はなんと、チャラいと噂の男子校生佐倉文音? しかし小説の内容とはうらはらに心は現実に失望し枯れていた。その心に水をくれたのは…? 表題作ほか「砂の丘のライラ」「イバラの魔術師」「トリッキィ」収録。まったく違う感じの4話でした。

  • [漫画] 花咲きカノン:「ザ・少女漫画」な短編集
    http://orecen.com/manga/hanasaki-kanon/

  • 10/07/2012 読了。

    ふじつかさんの短編集第2弾。

    表題作以外、未読のものだったのでよかったです。
    ファンタジー色が強い一冊になっているかと思われます。
    私は、楽しく読めましたが。


    『トリッキィ』が収録作中、一番昔の作品になるのですが、
    この頃の画のほうが好きだったりします・・・。

    ふじつかさんの描く、幼い男の子がかわいい!!

  • 読み切り短編集。一作だけ学園モノ、で他はファンタジー。

  • 短編集。表題以外はファンタジー。表題は青LaLaに載ってたやつだよね。「砂の丘のライラ」は設定負けしてる気がするけど、「イバラの魔術師」はよかった。手紙のシーンでぶわっと泣きそうになった。「トリッキィ」はハロウィンいいよね。作者がフリフリスカートにカボチャパンツはいた女の子が回し蹴りするような話が描きたくてなんていうから、いつくるんだろうとそわそわして集中できなかったけどw

  • 短編集第2弾。

    花咲きカノン
    ついこの間発売した青LaLa。学園ものだけど、丁寧な雰囲気が好き。小説のようにはうまくいかない現実で、がんばれ文音!

    砂の丘のライラ
    アラビアファンタジー。既読。おろおろしてる精霊が可愛かった。始めから終わりまで話が進むのが早くて、もう少しゆとりが欲しかったかも。

    イバラの魔術師
    医学が禁止された故郷に帰ってきた男の子が主人公。これが一番好き。切なさと希望が持てるラストの読後感が良いです。

    トリッキィ
    季節にぴったりなハロウィン。レオンの顔の描き方は初期の「金魚奏」を思い出させる。

全17件中 1 - 17件を表示

花咲きカノン (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花咲きカノン (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花咲きカノン (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする