星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)

  • 1120人登録
  • 3.64評価
    • (101)
    • (134)
    • (231)
    • (16)
    • (4)
  • 90レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2008年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186014

星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フルバに引き続き、ほんとに高屋先生の描くキャラの
    傷の深さは重いですねー…
    そういう主人公が健気に明るく生きてる様に大変惹かれます。
    あと似非爽やかな笑顔のドSが好きなんですかねーわたしはwww
    しかし9巻が大変アレな終わり方で、年明けから花ゆめ買い始めたので
    まぁなんとなく話は繋がったんですけれども
    とにかく今後、完結までが楽しみです。幸せになってほしいですねー

  • 高屋さんの話は、いつも共感して、涙が出てきて、読み終わると綺麗な気持ちになります。

    みんなそんな強くないんだよ、でも、それでもいいんだよ。いろんな人がいて、ダメなところがあったって、いいんだよ。
    そんなお話です。
    全部が全部うまくはいかないけど、でも小さい幸せを見つけて、みんなが幸せになれて、良かった。201507

  • 少女漫画
    14.09.30 新規up

    全11巻 完結

  • 一巻を読んだ時点ではあまり面白いとは思わなかった。
    けど、一人ひとりが苦しんだり悩んだり傷ついたり傷つけたりしながら他人を想い合う様子は誰もが共感できる節があって、そこに高屋奈月先生の秀逸なモノローグが相まることによって涙なしには読めない作品。

  • フルバのようにほんわかしてて優しそうなのにブラックな人物や展開になるのがいいですね。
    チヒロくんの今後が気になります。

  • 全巻読破。なんか、救いのある話のような・・そうでもないような・・。個人的には、ユーリが一番好きやった。一番まともっていうか、安心する(笑)

  • 相方からすすめられてよんでます。
    なんか切ない。

  • 従兄弟で親代わりの奏と二人で暮らす椎名サクヤ。辛いときや悲しいときは星を見上げ、星に励まされてきた。そんなサクヤの誕生日に突然現れた不思議な少年チヒロとはーー!?

    --------------------
    「フルーツ・バスケット」の高屋奈月さんの作品。今回も泣かしてくれそう。
    父親に縁を切られ従兄弟の奏と暮らすサクヤ。働かない奏のことを周りはろくでなし呼ばわりするが、サクヤにとっては大切な一人だけの家族。周りになかなか理解してもらえなかったものを、誕生日に突如現れた少年が「がんばったね」と理解し褒めてくれた。
    サクヤの彼氏と勘違いして招き入れた奏、奏の友達だと勘違いして歓迎したサクヤ。再び出会ったとき、彼に衝撃的なことを言われてしまう。

    私自身はサクヤとは全く違う環境だったけど、自分の辛いこと悲しかったことを全部含めて「がんばったね」なんて言われたら即効落ちるよ。私もこの言葉くれた先輩が女性じゃなかったら、一目惚れな勢いでしたわ。それでも、一生ついていきたいところだけど。

  • 高屋さんの作品ということで、全巻読破。
    相変わらず、キャラ同士のかけあいが可愛らしくおもしろい。
    ユーリと沙巳と奏ちゃんが好き。
    高屋さんの描く男性は本当に魅力的だわ・・・と思う反面、主人公カップルにいまいち感情移入できなかった。
    終わりも「うーん」といった感じ。「彼女」はもういないのだと思っていたしなぁ。

  • 星空をながめたくなる

全90件中 1 - 10件を表示

星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

星は歌う 第1巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする