星は歌う 第3巻 (花とゆめCOMICS)

  • 556人登録
  • 3.74評価
    • (44)
    • (43)
    • (77)
    • (4)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186038

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

星は歌う 第3巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 今までは、なんか自分にはピンとこないなあ~と思いながら
    読んでましたが、ここへきて面白くなりました。内面のドロドロと闇がいい感じにきました!
    ほかのキャラたちのドロドロも見たいです。

  • さくやの過去が哀しい

  • 奏に千広のことがバレてしまい気まずいサクヤ。怒り心頭な奏に会ってもらえないか千広に頼んでみることに……。期末テストが近づき、夏休みの合宿をかけて勉強するサクヤの元にやってきた人物とは一体ーー!?

    --------------------
    サクに影を落とす過去が描かれてる。
    千広と仲良くするサクに嫉妬する女の子たちの何気ない一言に心をざわめかせたり、千広やかなちゃんの言葉に救われたり。最後にまるで突き落とすかのように、“あの人”がやってきて。
    何となく、サクの想いに自分を重ねて、この漫画を衝動買いするきっかけとなった3巻。
    千広くんがいてよかったね、サク。

  • 胸の奥底に沁み入る

  • サクヤの暗い過去が分かった。それでも守ってくれる、心配してくれる人がいていいね。チヒロが探しに来てくれた時も良かったけど、カナちゃんが抱きしめた時の方がグッと来た。

  • 感想は最終巻に。

  • サクヤの過去が入ってる。
    色々と動き出し始めた感じ。

  • 奏に千広のことがバレてしまい気まずいサクヤ。怒り心頭な奏に会ってもらえないか千広に頼んでみるものの…。夏休みまであと少し!高校生活最後の夏合宿をかけたテスト勉強におわれるサクヤのもとにやって来た人物とは一体誰――!? はぐれ星たちの片恋ダイアリー!

  • 1、2巻は穏やかだったけれど、
    3巻から面白くなってきた。

    現実でも、
    誰でもサクヤ側になったり、実父側になったりするよね。
    自分的には、罪悪感を感じない人間が一番悪いような気がする。

    人間ってすごくアンバランス。
    正しいことが何かたまに分からなくなる。

  • なんとも・・・・・いえないのですが、読むしか・・・・w

  • 既刊4巻まで。以下続刊。(今のトコ一番お気に入りのユーリの画像を選んでみた)

    ポエマー(?)な漫画です。
    主人公不幸設定好きすぎるでしょ、この作家。
    両親に愛されない傷を負った主人公と自殺願望のある相手役の再生のお話?

    絵がねー、皆同じに見えるんだ私。

  • サクヤの心の傷が明らかになった巻。
    ていうか、……落ちないでって、ちょっとおい。

    キミに優しい世界でありますように、な流れが少しずつ明らかに。
    こういう女の子をヒロインにもってこれるのは、センスだな。やっぱこの人すごいかも。

    どうでもいいことだけど、沙己がすごくデクスっぽくていいです。……テイルズ以来、こういうキャラもOKになったらしいよ、私。

    まあ、あいかわらずのったりだし、今までの高屋作品とはちょっと毛色違うけど、この巻読んで、ちょっと読み続ける気になったかもしれません。

  • サクヤの過去が生々しく、読んでいて辛くなりました。千広とサクヤの関係というか、一緒にいる時の雰囲気がすごく好きです。

  • サクヤの過去がありきたり過ぎて残念です。あと登場人物の顔の造りが一緒で、更に表情のバリエーションが乏しいのも気になりました。

  • 段々お話の展開が早くなってきました。義母登場でサクヤのトラウマが。
    義母よりも実父のほうがひどくないかね…。うーん。
    奏さんがいい人だー。

  •  2巻で展開が遅いと思ったらようやくサクヤの過去話が。現代ならこういった人って本当にいそうで切ない。それでもまだ奏がいるだけまだましなんだと思うよ。
     でもなんで義母は現れるのか?そこの高屋先生らしくどんな人にも心の葛藤があって、そこまで描かれるのかな。もちっと続きを楽しみにしたいと思います。

  • フルバからの続きで買ってるけど…トラウマ系多いなぁ。翼を〜の頃みたいなお話はもう描かないのかな?あと手が、男でも女でも大人でも子供でも、みんな一緒なんでちょっと気持ち悪いかも…(笑 女子供はいいんで、せめて男大人の手は変えてほしいなぁ〜…。

  • おもしろくなってきました。どうも、高屋先生の漫画の書き方が嫌いみたいで、そりゃもうどうにもならないな…と思いました。「●●だと思っている」とか矢印で説明されると萎えます。言葉でフォローさせちゃうのは漫画という媒体において卑怯じゃないですか?

  • 千広くんに出逢って、初めて「これがツンデレ!」と知った気がします(笑)
    千広くんの不器用な優しさと今後の展開が楽しみ。

    少女マンガで、ヒロインが吐いたり失踪するのを初めて見ました。
    高屋さんの作品は、メンタル面に痛みを伴います。だけど、その分深くキャラクターと同調して、物語を追うことが出来ます。
    毎度のことながら脱帽。

  • 一番責められるべきは義母ではなく実父だろうとは思いつつ。
    髪のびかけサクヤは可愛いな。

全24件中 1 - 24件を表示

星は歌う 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星は歌う 第3巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

星は歌う 第3巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする