ちょっと江戸まで 第3巻 (花とゆめコミックス)

  • 684人登録
  • 3.74評価
    • (45)
    • (72)
    • (82)
    • (5)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2010年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186236

ちょっと江戸まで 第3巻 (花とゆめコミックス)の感想・レビュー・書評

  • サブキャラやったりちょっと裏の話やったり

  • ニコライ痩せると格好いい!
    でも、二か月でそんなに痩せる?

    “ちょっと東京まで”読んでみたいかも(笑)

    ソウビもぼっちゃまに気があったんだ。
    どうでもいいと思ってるのかと…。

    昌平坂中学にも体育祭あるんだ。でも体育祭なのに、どうして料理対決?
    ぼっちゃま、やる時はやるんだ。十郎も結構な主バカ(笑)

    ぼっちゃまの町人人気高いなー。
    佐々が思ってたより怖い。
    桜井様も策士。流石町奉行。
    シュロは後で活躍しそうだな。

    エルネストとフロランスも良いなぁ。

  • なかなか面白かったです。
    ソウビとお兄さんのエピソードとかもっとあれば良いのにな~。
    今回はわき役の方々が多く出た感じがして、主人公Sの活躍って読み終わりにあんまり思い出せないんですよねー……。
    私の記憶力の問題だと思いますが(汗

  • 運動会のMJダンスが良かった。
    シュロもかっこよかったなー。
    ソウビと若はこれ以上進展はないのかなー。若はすごくかわいいんだけど、男かと思うと、やっぱりソウビより上に立ってほしいな。

  • ちょっと江戸まで3
    レンタル

  • 表紙の坊ちゃまがとにかくかわいいんですが
    ♂ですよね…よね…
    ほっぺピンクでくちびるがプルプルで恐ろしい子です。

    赤鴉の話がよかったなあー。
    「一度道を外れたモノが生き直すには
    それだけのことをせねばならん」
    って云う坊ちゃま、赤鴉に道理を説く坊ちゃまが
    かっこよかった。です。
    坊ちゃまは器の大きな方ですね。

  • ゆるゆる具合とあまりの自由さに癒されます。
    「ちょっと東京まで」のソウビちゃんの男前っぷりに笑った。
    このまま連載が続くことを切に願う漫画。

  • この巻は体育祭の話がすごい好きです。
    サムライクラスと農民クラスと町民クラスのそれぞれの特徴がなんとも楽しい。
    これアニメ化してくれませんかね…「スリラー落ち武者バージョン」をとても映像で見てみたいのですが(笑

  • ニコライ?の登場シーンに恐怖を感じた
    ミッシェルは心が広いな-

    ソウビがイケメンすぎて困るぜ。ちょっとソウビも変わってきた。
    ちょっと東京まではいいですね
    い組の子達はあの二人をそんな目で見ていたなんて…

    赤鴉編ではソウビが怒られることなく、兄さんの働きっぷりを見られたのでよかった
    この漫画はオトコマエ女子が多すぎるw

  • とにかくソウビが男前すぎた!
    悪い感情を出しちゃったソウビいいなあ…w

  • ニコライいいキャラ。
    体育祭も良かった。あんなに機敏な坊ちゃまが見られるとは(笑)

  •  徳川の御世がそのままずーっと続いてる、平成20年の江戸。
     黒船来寇あたりのことはどうやって切り抜けたのか、文明開化はどんな形で果たされたのかは説明ナシ。過渡期がまったく想像できない。これが少女マンガってものなんだろうか。銀魂よりも考証が難しい…。お話を読むには支障ないからいいっちゃいいんですけども。
     がっつり江戸時代にするよりも、読む人がとっつきやすいから…というだけの理由で現代ちゃんぽん江戸なのかもしれないですね。そう思うと納得です。

     やはりこのマンガもみんな良い人。
     ほのぼのセレブコメディとしても、歌舞伎や相撲、武家社会などなど、わかりやすい江戸ものガイドとしても面白いです。万惣のホットケーキが食べてみたい…。

  • カレカノでやりきってしまったのはわかりつつも読んでいます
    ゆるいのもいいけど
    もうちょっとソウビに動きがあったらいいなぁ
    若にライバルができれば成長できるのでは

  • レンタルTUTAYA

    なんだか飽きてきた…

  • 相変わらずゆる~く楽しめる感じで良かった。みんなかわいくっていいな~。ソウビと若を見守るクラスメイト達がすっごいかわいい。今後もこんな感じで続けて欲しいな。

  • 10年3月26日読了

  • 現代に変換すると「ちょっと東京まで」になるんだね。
    現代版も王道だけど見てみたい(笑)

  • のんびり江戸ライフ。正直オチとか展開が微妙だなと思う話もあるんだけど、のんびり読めてそれなりに楽しいのでつい読んでしまう。

  • あいかわらずなんか自由だなって思います。意外にソウビが若君のこと想ってた。あとお兄さんがかっこいい。

  • カッコいいニコライもいいけれど、丸いニコライが好きです。
    「考えの足りない小さな子には優しかったからね」

  • なかなか面白かったです。
    ソウビとお兄さんのエピソードとかもっとあれば良いのにな~。
    今回はわき役の方々が多く出た感じがして、主人公Sの活躍って読み終わりにあんまり思い出せないんですよねー……。
    私の記憶力の問題だと思いますが(汗

  • パラレル江戸ストーリー。カレカノを彷彿とさせる、“透明感のある毒素”が久しぶりに見られて嬉しい。

  • ゆるゆる現代の江戸物語第三巻。
    相変わらずゆるりゆるり。でも時にはっとさせられたり。
    そうびがしっかりしてそうで抜けているところがかわいいです。そうだね、それが年相応なんだよね。

  • 話の流れがころっころ変わりますが、こんなゆるい読み方も良いと思います。
    江戸の日常も垣間見えて、勉強になります。

    …恋愛フラグが立ちそうで立たないなぁw

全41件中 1 - 25件を表示

ちょっと江戸まで 第3巻 (花とゆめコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 第3巻 (花とゆめコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 第3巻 (花とゆめコミックス)のKindle版

ツイートする