ちょっと江戸まで 第4巻 (花とゆめCOMICS)

  • 605人登録
  • 3.83評価
    • (41)
    • (71)
    • (69)
    • (2)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2010年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186243

ちょっと江戸まで 第4巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お相撲さんのお話が印象的でした。
    そしてそうびちゃんのフェロモン力にますます
    磨きがかかっていくあたりが見どころだと思います。

    なれそめ話とかを気にするあたりで
    ちょっと恋愛色?とか思っていたら
    そうでもなかったりして
    まだまだ恋愛パートへの道のりは険しそうですが、
    楽しみに見守りたいですv

  • 思春期エピソード

  • やっと動きらしい動きがはじまってクライマックス一直線へ。次巻が楽しみです。

  • 正成さんと小梅さん・兄上と百合華さまの馴れ初め面白い。
    小梅さんの弟妹、クローンみたい(笑)
    十郎、10人も兄弟いるの!?

    あの妖怪まだ学校来てるの!?圭次が描こうとした本当の姿気になる。

    ぼっちゃま、可愛い過ぎて本物だと信じてもらえないなんて。
    それと嫌がらせのセンスが(笑)

    紀州の若様ゴツイけど可愛いな。

    大奥でも、ぼっちゃまよりソウビの方がモテるんだ(笑)

  • お相撲さんの話、偽若様、小梅さんと正成さんのなれそめなど。絵師の少年の話が特に良かった。

  • ちょっと江戸まで4
    レンタル

  • このマンガの、適度な力の抜け具合が好き。
    でも、徐々に変化の兆しがある巻。
    1巻を読んだ時に、主家のお嬢様に対して正成さんたちの態度がフランクすぎやしませんか? と違和感があったんだけど、敢えてそうしていたんだなあ。ちゃんといろいろ考えられていたんだ。でも、その変化が少し寂しい。

    今回は特に第十九話「心の花」、絵師・圭次の回が良かった。
    何度読んでも、じんわり感動する。
    「芸術なんてなくたっていいものでしょう?/食べてさえいられればひとは生きていけるでしょう?」圭次の問いかけに対する藩主の「答え」に、そうだよなあ、と同感。
    心が折れそうな時にこそ、必要なものってあるんです。

    好きだなあ、このマンガ。

  • 和みます(*^o^*)
    ソウビとミシェル更に美しく可愛くなってますね。
    特に『心の花』と『想い人』がよかったです!
    偽ミシェルを捕まえるソウビや悩ましい寝乱れ姿のミシェルも◎。

  • ますますソウビの男らしさがましている……この女殺し!

  • ぼっちゃまのそうび大好きアピール(そうびが気に入っている人をいじる、大奥に行くかもしれないという話題が出ると不安がる)がそうびに通じているかどうか若干不安だけど仲良くしてて欲しい。なごむ。

全38件中 1 - 10件を表示

ちょっと江戸まで 第4巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 第4巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 第4巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする