ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)

  • 517人登録
  • 3.76評価
    • (45)
    • (56)
    • (67)
    • (7)
    • (2)
  • 51レビュー
著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2011年11月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸開府以来405年も続く江戸時代。箱根の山奥で育った身寄りのない主人公・そうび。彼女は実は、江戸の大身旗本・桜井家の娘だった。父である先代は、今わの際にそうびの母を思い出し、そうびは身寄りも無いことから江戸の桜井家へと引き取られる。
    維新がなく、江戸時代が405年も続いているというパラレルな設定なため、微妙に現代風味な内容となっている。設定も話の流れも面白かったです。ただソウビとミチサトが大きくなった時の恋物語がはしょられていたのは残念、見たかった...。

  • カレカノの津田雅美が描いたちょっと変わった時代劇。
    終了巻でした。

    カレカノの時の重すぎる展開はなく、ちょっと安心したような、ちょっと肩透かしなような?

    唯一切ないけど、微笑ましかった廸聖の両親のお話が好きだったなぁ。
    雪野の両親を思い出します。

    巻末にはパラレル?カレカノも収録。楽しい(*´∀`)☆

  • 美男子な女子と美女な男子。
    貧乏生まれと裕福育ち。
    現代の江戸という設定で学校、政治を巻き込み進んでくラブストーリーというか日常?先がものすごく気になるわけじゃないけどまあ読める。のほほん系。

  • 素晴らしくあっさりとしたラスト

  • 5巻でようやく話が動き出したと思ったら、この6巻で完結。コメディという点を割り引いても江戸の設定がぜんぜんいい加減だし、作風とも上手く融け合わないままだった。

    もともと津田雅美はしっかりと設定して話を作るタイプではないので、こういうのは向いていないと思う。カレカノのように、キャラだけ決まればあとはそれほど設定のいらない学園ものがいいのじゃないか。

  • 全体的に好き。そして5、6巻はとっておく。

  • これって打ち切りだったのかなぁ。そう思うくらいに主人公の話が急に変わって驚きました。
    少女漫画だからといって無理に二人の恋の行方を描かなくても良いかと思います。
    そのほうがすっとこの物語を受け入れられたような気がします。

  • もうちょっと長く続いて欲しかったな。特に江戸城に上がってからの若様とソウビちゃんのエピソードがもっとあれば、と思わざるを得ないです。でもまぁ、一応話のケリはついてるから良しとしよう。しかし結構早い段階から主役がソウビちゃんから若様に取って代わられた感たっぷりでしたね^^;

全51件中 1 - 10件を表示

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと江戸まで 6 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする