花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)

  • 392人登録
  • 3.93評価
    • (37)
    • (73)
    • (37)
    • (2)
    • (2)
  • 37レビュー
著者 : 成田美名子
  • 白泉社 (2013年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186588

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わたしも杖もない。
    ただ、三重のマトリョーシカを抱いている。

  • うーん、トレンディなんだよなあ、トレンディ。なんというか、全体的に90年代的というかトレンディなんだよなあ。能をやってる範囲ではらそうでもないのだけど、それ以外がトレンディなんだなあ。

  • 戒(かい) 高砂/安宅/鷺/蝉丸/弱法師

  • B4

  • 「年をとるというのはマトリョーシカみたいなもんでねぇ。20歳の自分も5歳の自分も中にいるんだよ。どんな大人も20歳でも5歳でもあるんだ。」ゴッホ先生。憲人はすぐにコンプレックスを感じていじけてしまう。悩んで、折り合いをつけて大人になっていくんだけど。ちともどかしい。

  • 相変わらずしっかりしたお話で安心して読める。

    しかし、いいタイミングでいい人と巡り会える引きのよさは凄いなー、憲人。

  • 白杖のマッサージ師と高尾山で出会うの巻

  • 逢坂までは、さすがに来ないか。残念(笑)近所なので。

    昔の成田 美名子は、ものすごく起承転結をしっかりつくる人だったのですが、「花よりも花の如く」は、それが見えない。見えないのに、しっかりとお話がつながっていて、おもしろいところが凄いです。

  • 7〜8巻が特に面白かった。

  • 憲人が「榊の会」の立ち上げで忙しくしてたり、能の家の弟子でなかったことに苦悩してます。テレビを見て能を習う人が増えてるみたいですけど、現実的にそういうことを考えたことはないなぁって。興味を持つのはいいことなんでしょうけどね。

    あと、高尾山での話は、一瞬夢話かと思ったら、現実話だったんでちょっと驚き。そこで新たに出会った盲目の望が「弱法師」の参考になっているみたいですが、音楽つながりで今度は望と葉月の関係が気になる憲人になりそうな予感です。

全37件中 1 - 10件を表示

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

花よりも花の如く 第11巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする