夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)

  • 2765人登録
  • 4.27評価
    • (385)
    • (206)
    • (165)
    • (6)
    • (0)
  • 129レビュー
著者 : 緑川ゆき
  • 白泉社 (2009年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186687

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妖と人。

    どちらにも溶け込みきれず
    居場所をなくしていた夏目は
    もう遠い遠い日々のようでいて、
    まだ夏目の心の中で気遣ってばかりの
    ブレーキとなり、逆にみんなに
    心配をかけたり寂しい思いをさせてしまったり。

    一人でいることを決意するよりも
    心を広げ、時に傷つくことも恐れずに
    真っ直ぐに人と付き合っていくのは大変かもしれない。
    でも傷ついてもなお、誰かと寄り添うことで
    一人では知りえなかったことを知ることも
    何かを得ることもできる。

    「心を通わせる機会があるなら恐れぬことだ」
    夏目の小さな一歩が積み重なって
    穏やかで芯の強い幸せに変化していくといいな。

  • 夏目くんが青春してます。

  • ちょび

  • 田沼とタキの出会いの物語。学校の話は、そういえば少なかった。
    それから藤原家に厄介になる前日譚。ニャンコ先生の出番が少ない。

  •  本巻は、貴志を取り巻く人々、藤原夫妻、田沼や多軌、西村ら学友と、貴志との心の繋がりを丹念にスケッチ。
     確かに、的場編は物語の骨格を構成し、貴志の未来、少年の自律・自立という点で欠かせない存在。しかし、個人的には、本巻のようなもどかしい心の交流の方が好みである。居場所・帰る場所である藤原夫妻、妖への恐怖を和らげ安心をもたらす斑、心の内を話せる多軌や田沼、
     彼らが生み出す安心感が貴志の妖への優しさも生んでいるように思える。

     ともあれ、安定した良作を出し続ける著者に感服。アニメと違い、何気に笹田が転校してしまった展開は少し残念ではあるが…。

  • 7巻飛んで8巻(図書館にないから)
    夏目に友達が増えてきて、なんだか嬉しい。
    藤原夫妻が夏目に執着するのはなんでだろ?何かに取り憑かれてるのかと、ちょっと違和感感じてしまった。高校生になってからひきとるってなかなかハードル高いだろうに。

  • 夏目が藤原さんの家に来るまでのエピソードがありました。
    作者さんも書きたかったエピソードだとか。
    こう振り返ると成長してますね。

  • アニメについて作者が語っていました。でも、声優については何も……。夏目の能力を知る人が、1対1から3人体制となりました。夏目のポジションを妖から人間側へ寄せたのかと。塔子の夏目引取工作の描写があっさりなのは、あまり重たくしたくないからでしょうか。

  • 大切だからこそ距離感を測るのが難しいけれど、だからこそ伝えなければならない言葉があるのだと思わせてくれる巻でした。

  • 妖のために動いてしまうところは変わらないけれど、田沼や多軌の他に、北本や西村やクラスメイトとのかかわりが見える巻。妖に憑りつかれた田沼はいつもより凛々しい。

    第二十七話~第三十一話
    ニャンコ先生が的場関連のケガで寝たままの隙に妖に狙われる夏目。文化祭のエピソードも。鏡を探す妖の話。塔子さんたちと出会った頃の寂しい心につけこむ妖とのやりとりの話。

    特別編・ちょび徒然帳
    高貴な妖・ちょびが、ある日の夏目をみて思うこと。

全129件中 1 - 10件を表示

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)に関連する談話室の質問

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする