プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 702人登録
  • 3.74評価
    • (65)
    • (87)
    • (93)
    • (18)
    • (2)
  • 68レビュー
著者 : 勝田文
制作 : P.G.Wodehouse  森村 たまき 
  • 白泉社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186939

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
日丸屋 秀和
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バーティ、そうだよ、君はこういう姿だ。本当に小説から飛び出してきたみたい。

    ただ人によっては馬鹿すぎて見えたり、逆に馬鹿さが足りなかったりするかもしれない。私はちょうど良かった。

  • 久しぶりに手にしたコミックが、ウッドハウスとはねぇ(笑)。原作のイメージはそれぞれだろうが、まぁよく出来ているのでは…。1話ごとに織り込まれた訳者の森村たまきさんのコラムと、漫画を描かれた勝田文さんの巻末の短いロンドン旅行記(漫画)がまた楽しい。

  • ひとまず1巻読了。

    海外文学は好んで手に取ることをしないためウッドハウスという名前すら初耳。そんなわたしがイギリスのコメディを解せるかしら…と一抹の不安を覚えつつ読み始めた「プリーズ、ジーヴス」

    主人公は、あ、そうか、ジーヴスですよね。
    愛すべきご主人様の、周りからの扱われ方が半端なくひどいときがあってびっくりしました(笑) 芋虫ちゃんて。
    そう呼ばれて怒らないバーティーの器が大きい(ジーヴス曰く「金のハートをお持ちのご主人様」な)のか、親しみを込めて関西人的な「あほ」にあたるのか。
    文化の違いがわからない…

    ご主人様のセンスに見せるジーヴスの無言の半眼がなんともいえない。でも、ジーヴス、うちにも一人ください。

    原作も読んでみたいなぁ。

    *追記*
    2017/09/29 3巻まで読了。
    1巻よりも3巻での、バーティのセンスを見下すジーヴスの目つきが……(笑)

  • 服のセンスが悪くてお調子者でお人好しで愛すべきダメ青年バーティーが毎回何かしらトラブルに巻き込まれるのを執事ジーヴスが華麗に解決してくれるっていうお話なんだけどバーティーが本当可愛くてそりゃ助けてあげたくなるわな……
    勝田先生が犬飼ったらバーティーって名前つけたいって後書きでおっしゃってたのもよくわかる
    つけたい……

  • ジーヴスってジーザスのもじりなんだろうね。万能すぎるから

  • 執事と若旦那の凸凹コンビが何気に面白い!

  • 困った時は、こう叫ぼう。プリーズ、ジーヴス!

  • 執事もの元祖小説の漫画化。自他ともに認める執事好きな私ですが、この物語に関しては断然若旦那派。

  • 結構前に読んだけど登録してなかったので今更登録してみる。

    バーティーとジーヴスのやり取りがおもしろいし、一応ドタバタしてはいるもののなんだかほんわかした雰囲気が絵から伝わってくるので癒されます。
    普段殺人とかばっかり読んでて荒んだ心には良い癒しです。

    ジーヴス…一家に一人欲しい…

  • 『「服のセンスがいささか偏奇だとしても ご主人様は金のハートをお持ちでございます どこか欠けている方が時に人として愛しく思われるものでございます」』

全68件中 1 - 10件を表示

プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリーズ、ジーヴス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする