お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)

  • 176人登録
  • 3.89評価
    • (18)
    • (29)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 石原ケイコ
  • 白泉社 (2011年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592187196

お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男前なお嬢様が見ていて気持ちがいい。さっぱりしてて鈍感で一生懸命で、応援したくなるような女の子だった。

    運転手のほうもうさんくさいいけめんで、いい味出してた。余談だけど運転手はちゃんとボタン留めてタイもしめて帽子かぶったほうがかっこいいよ?

    全体的にコミカルな話だったため忘れがちになってしまうけれど、この身分差はどうしようもないと思う。どうしようもないくらい重い。お嬢様と運転手の行く先が心配。どうなるか分からないけど幸せになってほしい二人です。

  • 我愛大正!!

  • さやかお嬢様と 運転手。
    身分違いだけど
    さやかが小さい頃から 信頼で結ばれていた二人。

    兄弟のようだと思っていた気持ちは
    実は違うものだと気づいて。

    まっすぐで 強くて 天然な さやかのキャラクターがいいな。
    友達の かずこさんの キャラも好きだな。

  • お嬢様と運転手の恋。
    こういう男の人側が、気持ちを示していて、
    相手を大事にしていて、でも女の人側が気づいて
    いなくて、凛々しいのは好き。
    これも、「はちみつの花」も「恋だの愛だの」も
    同じ系統だな・・・

  • 時代設定が好みで絵柄が綺麗だったので買ってみた。

    時代設定上、もうちょっと波乱万丈だったり、かなりの葛藤だったりがありそうなんだけど、そうでもなかった。

    大正時代っぽい感じを楽しむのなら良いかも。

  • こう、帯的にもにゃるというか、そんな話なんじゃねーかなーと思って買ってなかったけど、レビュー見たら恋愛薄め+お嬢様の性格があっさりしてるってなことでちょっと買ってみました。
    おもしろかった! 最初に買ってりゃよかった(笑)
    最後の第4話でお嬢さん、じわじわ自覚したのかしらってかんじですね。おいしいです。お嬢さんに対しては、鳴滝結構ダダ漏れなんですけど気付かねえなあ(笑)
    お嬢さんが鳴滝の関係を通して、自分の家とその周りの環境との付き合い方を手探りしている感じで、その辺りも面白かったです。これも巻数字ついてないけど続かないのかなー。

    あと、読み切りもすごくたのしかったです。ルカかわいいー! これの続きも読みたいな! ないのかな!
    あ、盗賊シンラを見てて、何故か思い出したのマベちゃんでした。

  • 話の主題があいまいではあるけど、作品の雰囲気とかはすごく好き。そして主従好きにはたまらん。

  • 主題がよく分からない。二人が命がけの恋をしてるわけでもなく、一瞬の情緒を描くわけでもなく。設定も時代背景もふわっとしすぎだし、パラレルワールドだと受け止めればいいのか。
    お父様の評価ばかり気にするお嬢様が夜会で伯爵に刃向かうのはどうかと思う。成り上がりの一家のくせにお手伝い含め身分の意識が低い家ってのもどうかと思う。
    運転手がお嬢様を好きな理由もよく分からん。これから過去編とかあるのかしら。

  • この人の描く漫画の「感じ」が大好き。真面目というか、誠実そうなところが。
    続きもはやく読みたいです。

  • さっぱりしたお嬢様とそんなお嬢様に付き従う運転手。
    運転手の彼の気持ちが全くお嬢様に伝わっていない感じが面白かった。

    レトロな大正時代の風景もとても綺麗!

全14件中 1 - 10件を表示

お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

お嬢様の運転手 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする